by mkhmarketing

Twitterでは「1ツイートあたりの文字数は140文字まで」という制限が設けられていますが、数カ月以内に文字数の数え方を変更することが発表されました。返信ツイートの「@ユーザー名」や画像のURLは140文字にカウントしないことで、より長いメッセージを投稿できる仕様に変わるとのことです。

今後の予定:140文字をより活用できるように | Twitter Blogs

https://blog.twitter.com/ja/2016/0524b140

Coming soon: express even more in 140 characters | Twitter Blogs

https://blog.twitter.com/express-even-more-in-140-characters

Twitterでは、「ユーザーがさらに便利にTwitterを使えるように」ということで、ツイートの文字数制限に変更を加えることを発表しました。具体的には、返信ツイート時にツイート冒頭に表示されている「@ユーザー名」や、写真・動画・GIFや、投票や引用ツイートなどの添付物は、文字数制限の140文字に含まれないようになるとのこと。





また、これまでは返信ツイートを他のフォロワーにも見てほしい場合には、ツイートの冒頭に「.@ユーザー名」というようにピリオドを加える必要がありましたが、今後は返信ツイートがピリオドなしでも普通のツイートと同様にフォロワーのタイムラインに表示されるとのこと。さらに、自分のツイートをリツイートしたり引用したりを簡単に行えるように、自分のツイートにもリツイートボタンが表示されるように仕様変更が行われる予定となっています。

上記の変更は、数カ月以内に順次実装される予定です。