世界最大の自動車大国となった中国では、自動車保有台数が急増したことで大気汚染や渋滞といった深刻な問題も起きている。特に北京や上海など大都市における渋滞は極めて深刻で、発行するナンバープレートの数を制限することで実質的な購入制限を行っているほどだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 世界最大の自動車大国となった中国では、自動車保有台数が急増したことで大気汚染や渋滞といった深刻な問題も起きている。特に北京や上海など大都市における渋滞は極めて深刻で、発行するナンバープレートの数を制限することで実質的な購入制限を行っているほどだ。

 日本も自動車保有台数は多いが、中国ほど深刻な渋滞はあまり発生しない。中国メディアの澎湃新聞はこのほど、人口密度が高く、多くの自動車や二輪車が道を走る東京ではなぜ深刻な渋滞が発生しないのかと疑問を投げかけ、その理由を考察した。

 記事は、東京でも渋滞は発生するが、中国のように「まったく動かない」ような深刻な渋滞はないと指摘する一方、東京ですら長期間にわたって渋滞解消に取り組んだ結果、ようやくその成果が出てきたのだと紹介。中国にとってはこれから渋滞解消に向けて長い道のりを歩む必要があることを指摘した。

 続けて、東京で渋滞解消に向けて行われた施策として、ドライバーの運転マナーの向上といったソフト面の対策のほか、交通ルール違反に対する罰則の強化や公用車の数の削減といったハード面の対策を紹介。中国では確かに強引な割り込みや車線変更などは日常茶飯事であり、ドライバーの運転マナーが悪すぎるのは事実だ。強引な割り込みなどで車の流れが悪くなり、結果として渋滞につながっていくという要素はありそうだ。

 違反者に対して厳しい罰則を設けることで、運転マナーを向上させることができれば、中国の路上も少しは秩序がもたらされるであろう。記事も「交通ルール違反に対する東京の罰則は容赦ない」とし、駐車違反などに対する取り締まりはドライバーの社会的地位などに関係なく、一律で厳格に実施されていることを指摘。中国も東京を見倣い、渋滞解消に向けて厳格な取り組みが必要とされていることを訴えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)