画像

写真拡大 (全2枚)

 マイクロアドはアプリの会員IDや利用者属性、利用履歴などの情報に基づき、アプリ内アンケートをターゲティング配信できる「MicroAd ENGAGE」の提供を開始した。

 マイクロアドは、スマートフォンアプリ上での適切なコミュニケーションによりユーザーの離脱を防ぐアプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供を開始した。

 同エンジンは、ユーザーとのエンゲージメントを強化したいというアプリ運営者のニーズに焦点を当て開発された。具体的には、アプリの会員IDや利用者属性に加え、アプリ利用履歴やカスタムイベントなどの動的な利用情報に基づき、アプリ内アンケートのターゲティング配信をリアルタイムに行える。

 また、ニフティの「ニフティクラウドmobile backend」との連携により、プッシュ通知との連携も行える。これにより、タイムリーな顧客フィードバックの取得や、アプリ復帰への促進を可能にしている。

 今後マイクロアドは、様々なコミュニケーションフォーマットを追加し、同社のDSP「MicroAd BLADE」や外部システムとの連携、海外対応などを順次行っていく予定。

MarkeZine編集部[著]