一般的なソケットに簡単設置で消臭+省エネ

写真拡大

家電および雑貨などを扱うドウシシャ(大阪市)は、消臭機能付きLED電球「トイレのLED消臭電球」を2016年5月20日に全国のホームセンターおよび家電量販店などで発売した。

専用の取り付け工事不要で一般の電球ソケット(E26口金形状)に設置できる。スイッチを入れると「マイナスイオン」を噴射し、メチルメルカプタンやアンモニア、硫化水素など"ニオイの原因菌"を抑えて消臭効果を発揮する。無人時の消費電力の削減が可能な「人感センサー」も搭載。トイレや洗面所のほかクローゼットやシューズクロークなど、狭くてニオイの気になる場所に"明るさ"と"消臭"を同時に実現できる。

器具光束555ルーメンで昼白色「LDDR-40NHS」、同544ルーメンで電球色「LDDR-40LHS」の2種類を用意。消費電力はいずれも6ワット、設計寿命は約2万5000時間。

価格はいずれもオープン。