画像

写真拡大 (全2枚)

 Twitterは、ツイートへ返信する際、冒頭に表示されていた「@ユーザー名」を文字数としてカウントしなくするなど、140文字の数え方を変更することを発表した。

 Twitterは、これから数か月の間に、返信ツイートの@ユーザー名や、写真などの添付物を140文字に含まないようにするなど、4つの変更を行うことを発表した。
発表された140文字ルール3つの変更

●返信ツイートの文字数、「@ユーザー名」分増える

 ツイートへ返信する際、冒頭に表示されていた「@ユーザー名」が文字数としてカウントされなくなる。なお、返信ツイート内の@ユーザー名は見えなくなる、ツイートの表示方法はこれまでどおりとのこと。基本的には元のツイートの送信者と返信者、および双方をフォローしている人のタイムラインへ返信ツイートは表示される。また、検索した時にも検索結果に表示される。

●添付ツイートの文字数、24文字分増える

 現在、写真/GIF画像/動画/投票/引用ツイートをした場合、24文字分がカウントされている。今後、このような場合は140文字に含まれなくなる。

●自分のツイートにもRTボタン

 自分のツイートを簡単にリツイートしたり、引用したりできるよう、自分のツイートにもリツイートボタンが表示されるようになる。なお、この場合も添付同様、引用部分は文字数にカウントされない。

●「.@ユーザー名」不要でツイートの共有可能に

 誰かへのツイートを他の人にも見て欲しい時、これまでは、@ユーザー名の前に「.」を入れる必要があったが、今後は@ユーザー名で始まるツイートも普通のツイートと同じように自分のフォロワーに表示されるようになる。

MarkeZine編集部[著]