【クールジャパン】次期パスポートの新デザインが葛飾北斎の「冨嶽三十六景」に決定!

写真拡大


2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されるということで、その前年の2019年度中に導入が検討されている、次期パスポート。

5月18日、その基本デザインが葛飾北斎の「冨嶽三十六景」に決定したことを外務省が発表しました。

表紙は現在と同様になるようですが、見開きごとに「冨嶽三十六景」の各作品を採用。全ページ異なるデザインになるんですって! やったね!

【浮世絵がパスポートのデザインに】

「外務省」のサイトによれば、今回デザインを決めるにあたり、「日本的なデザイン」をコンセプトに検討され決定したとのこと。「冨嶽三十六景」ならば、きっと誰もが納得できるのでは? 

日本の文化である浮世絵の代表格といえる「冨嶽三十六景」は、世界的にも有名な作品。世界遺産になった富士山も登場しますし、“これぞ日本”と感じさせるモチーフがいっぱい。世界に誇れるパスポート、私も早くゲットしたいよおおお!!

【「凱風快晴」など代表作がずらり】

次期パスポートに登場するのは、全46図のうち24作品。その中には、赤富士を描いた「凱風快晴(がいふうかいせい)」や、巨大な波と、その波間をゆく舟の背景に富士山が描かれている「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」といった、「冨嶽三十六景」を代表する作品も入っています。

【偽変造対策にも有益】

各ページを異なるデザインにすることは、偽変造対策としても有益。安全安心、それでいてデザインも優れている。“クールジャパン” な次期パスポート、本物を手にするその時が、今から楽しみですねっ♪

参照元:外務省 [1]、[2]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む