トータルボディケアを叶える脱毛器

写真拡大

フィリップス エレクトロニクス ジャパン(東京都港区)は、トータルボディケアを1台で叶えるエピレーター(脱毛器)「サティネル プレステージ」と「同 アドバンス」を2016年5月下旬に発売する。

電動のツイーザー(毛抜き)で毛を抜くことでムダ毛ケアできる脱毛器。脱毛ヘッドのツイーザーには独自開発のセラミックディスクを採用。表面の微細な凹凸によって、寝ている毛を起こしながら長さ0.5ミリの短い毛をキャッチすることが可能になったという。また、ツイーザーの手元部にヘッドと一体型のライトを搭載。暗くなりがちな手元を明るくすることで、毛の取り残しを防止する。すばやく処理できる高速モードと、痛みの少ない低速モードの2段階をセレクト可能だ。

「プレステージ」は脱毛・シェービングにプラスして、ボディの角質ケア、タッピングまでを1台でトータルにケアできる最上位モデル。回転と音波振動で古い角質を取り去る「からだ用角質ケアブラシ」や、心地よい刺激でハリとツヤのある肌に導いてくれる「からだ用タッピングヘッド」など、8種類のヘッドやキャップを付属した。

「アドバンス」はムダ毛ケアに特化したモデル。脱毛の他、腕、脚、ワキの下など体のさまざまな箇所のムダ毛をケアする、2方向に動かせるシェービングヘッドをはじめとする6種類のヘッドやキャップを付属した。

両モデルとも防水に対応しており、すべての機能が濡れた状態でも使用可能。また、コンセントの場所を気にせず使えるコードレスタイプで、1回の充電で約40分使用可能だ。さらに、浴室や寝室など場所を選ばず手入れができるのも便利。

全国の家電量販店、通信販売などで取り扱う。