モントリーボ、アントネッリ、カラブリアがミランと2019年まで契約延長

写真拡大

▽ミランは24日、イタリア代表MFリッカルド・モントリーボ(31)、同国代表DFルカ・アントネッリ(29)、イタリア人DFダビデ・カラブリア(19)とそれぞれ2019年6月まで契約を延長したことを発表した。

▽6月に契約が切れる予定となっていたモントリーボは、2012年夏にフィオレンティーナから加入。これまでミランで公式戦119試合に出場して7ゴールをマークしている。昨季は負傷に苦しんだものの、今季はレギュラーとして一定の存在感を示していた。

▽2015年冬にジェノアから加入したアントネッリは、2018年6月まで契約を結んでいたため、1年の契約延長となる。そのアントネッリは左サイドバックのレギュラーを掴み、これまでミランで43試合に出場して4ゴールを挙げている。

▽カラブリアは昨季トップチームデビューを果たしたユース出身の右サイドバック。今季はセリエAで6試合に出場していた。