24日、韓国・ハンギョレ新聞は、韓国の元慰安婦の姿を表現した少女像をバイクに積み、世界52カ国の日本大使館を巡る長い一人旅に出た男性を紹介した。写真は在韓日本大使館前の慰安婦像。

写真拡大

2016年5月24日、韓国・ハンギョレ新聞は、韓国の元慰安婦の姿を表現した少女像をバイクに積み、世界52カ国の日本大使館を巡る長い一人旅に出た男性を紹介した。

【その他の写真】

この男性は、36歳のイ・ホチョル(仮名)さん。ソウルの日本大使館前にある「平和の少女像」のミニチュア版をバイクに載せ、今年3月20日、韓国東岸の東海港からロシア・ウラジオストクに向け長い旅に出発した。各国に駐在する日本大使館を少女像が見つめる構図で写真に収めインターネットで公開。「戦争責任を認めない日本政府の反人道的な態度を、被害者の象徴である『少女像』が世界のどこであっても見逃しはしない」と広く知らしめるのが目的だという。訪問予定の国は52カ国、想定される移動距離は4万5000キロに及ぶ。

ウラジオストクから始まった陸路の旅は、スタートから困難を極めた。悪路を走るうちに、少女像の首や脚の部分が壊れた上、少女が座っていた椅子の部分が粉々になってしまったことも。最初の在外日本大使館であるロシア・モスクワで写真を撮影できたのは、出発から25日後のことだった。その後、旅費の工面に苦悩しながら、北欧、東欧、フランス、イギリスなどを回った。途中、フランスやスペインでは警備員に撮影を止められそうになったものの、少し離れた所から無事に撮影を終えた。そして出発から約2カ月、現在はポルトガル、モロッコを経てスイス・ベルンに到着、バルカン半島に向かっているところだという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからはイさんを称賛するコメントが多数寄せられている。

「立派な人だ。お疲れさまです」
「きちんと行動を起こすあなたを尊敬します」
「こういうニュースを読むたびに、胸が痛くなる。日本人が心から謝罪する姿をおばあさんたちに見せてほしい」

「あなたこそ真の愛国者だ」
「皆さんもこういう所から見習って、立派な大韓民国人になろう」
「カッコいい。他の人が考えもつかないことをやってのけるあなたは、現代の義人だね」
「他の誰にもできないことをしてくれた。拍手を送ります」

「少女像がもっともっと広く知られることを願う」
「大統領とか政治家とか呼ばれる人たちが、イさんの100万分の1くらいのことでもしてくれたら…」
「ごめんなさい。何も助けられず、関心も持っていなかったです。そして、ありがとう」(翻訳・編集/吉金)