“トイレでスマホ”は痔の危険(shutterstock.com)

写真拡大

 純粋な用足しが「スマホ同伴」に変わって以降、トイレの滞在時間が確実に伸びた気がする。心当たりのある人は要注意。スマホ依存を患うと「考える人」も不衛生で、ただの「痔主」に没落してしまう、という警告話だ。

 いまやデジタル機器のトイレ持ち込み率は世界中で上昇中。英国の衛生用品会社Cuticura Anti Bacterial Hand Washの2000人を対象とした調査では「3人に2人」がスマホやタブレット端末をトイレに同伴し、男性は70%、女性は57%を占めたという。

 同伴目的の首位回答は「ゲーム」だったが、FacebookやTwitterの更新チェック組も多く、半ば用足しを偽装しての個室化疑惑もぬぐえぬような趨勢だ。

ケータイ打ちの不衛生度は便器の5倍

 一方、ハンドソープを販売する同社の調査報告ゆえ、「手洗いをしない最近の若者」傾向にも注意を喚起している。なぜならば「キーボードは便器の5倍も不衛生」だというのだから、神経質な人ならばもう一度手洗いに立ちたくなるほどの数値だろう。

 米国家庭医学会(AAFP)のジェフリー・ケイン会長によれば、スマホは「異常な数の糞便性大腸菌が付着している、病原菌の温床」だ。サウスカロライナ医大で免疫学と微生物学の教鞭をとるマイケル・シュミット教授も「画面上のあぶら汚れには微生物がおり、そこをタッチする私たちは彼らにエサをあたえているに等しい」と異口同音の指摘を語る。

 これらの前提を念頭におき、公衆便所でも手放さずに"スマホる"人の連鎖図を連想してほしい。不特定多数の利用者がまき散らした大腸菌やインフルエンザを付着させて(かつ手も洗わずに)用足し後の彼(ら)が結果、はた迷惑な存在にもなりかねないのだ。

 画面上の細菌類の撃退効果は、アルコール消毒がほぼ100%で最もいいとか(インディア州・HML研究室の検査報告)。ところが、アップル社のトリセツ上では「ガラス用洗剤/ シンナー/ 研磨剤etc」と同様、アルコールの使用禁止も併記されている。

 細菌撃退法については危険回避のためか、携帯電話各社も総じて公式見解や推奨例を表明していないのが一般的だ。また、家庭用化成品で知られるSCジョンソン社の広報マンも、自社製のガラス用クリーナーを「デジタル機器には奨められない」と慎重な姿勢をくずさない。
細菌とムダな便座利用が「痔主」への近道

 応用微生物学の専門誌「Joumal of Applied Microbiology」に載ったケープコースト大学(ガーナ)の研究によると、画面タッチ時の指先から「20〜30%のウイルスが容易に移りうる」というのが現実だ。

 温水洗浄便座の抜きんでた技術力と普及率で日本が先進国なのは周知のとおりだ。最近も「シャワートイレ」の商標で知られるINAX(LIXIL)社から、Bluetoothと専用アプリMy SATISでリモコン操作が出来、自分の使い心地次第で洗浄位置や水量の強弱を設定できる新機能が発表されたばかり。

 そんな清潔王者の日本人でもトイレの「長時間滞在」が悪習慣化すれば、いぼ痔や切れ痔の「痔主」症状はまぬがれない。痔は本来、便秘と下痢の慢性的なくり返しや息みの日常化が10年も続くと見舞われる病。

 この日々の積み重ねである悪化要因に、いま「スマホ依存」という便座タイムの延長現象(=習慣化)が加わったのだろう。

 痔の原因はいくつかあるが、そのうちのひとつに「肛門周辺の血行が悪化」がある。トイレに長く座ったり、排泄の際に力を入れすぎると、この状態に陥りやすい。

 トイレでスマホを使っていると、知らず知らずのうちにトイレの滞在時間を引き延ばす傾向にあるが、これが肛門付近の充血を招き、その結果、痔を誘発してしまうというのである。

 その意味では、近年の痔主予備軍の増加傾向は、デジタル機器による「新・生活習慣病」の蔓延とも呼べるだろう。専門医によれば痔の基本的予防策は「便座で5分以上粘らない」「トイレは便意/尿意を催した場合のみとする」と、いたってシンプルな心掛けしかない。

 いいかえれば、トイレ内では「画面のタッチ厳禁」、いいや、トイレ内への「スマホ同伴はNG」という自律を今日からでも徹底すべきかもしれない。

 さて、ここまで読んで「了解!」と胸中で改心を誓った生真面目派のアナタ、もしかして便座上で読んではいませんか!?
(文=編集部)