高齢出産には骨折というリスクも潜む(shutterstock.com)

写真拡大

 4月中旬、インド北部ハイヤナ州の医療施設で「自称70歳」(施設側の推定年齢72歳)の女性が、第一子を産んで話題を呼んだ。

 インド国内の複数メディアによると、出産したのは、北部のアムリツァル在住で79歳の夫と結婚40年超の暮らしを続けるダルジンダル・コールさん。

 夫婦は子宝に恵まれず、数年間の不妊治療の末、体外受精で妊娠・出産に成功したという。

 過去には、66歳時点の英国女性の出産例(2009年)がある。その前年のインド女性の出産例(当時70歳)が「世界最高齢」と報じられており、それを更新する初産記録となった。

 そんな希望の光をおぼえる外電が伝わる一方、少子高齢化が進むわが国では、高齢主産(35歳以上)をめぐって憂慮すべき事態が浮上してきた。

 日本骨粗鬆症学会では近年、「高齢出産した女性に(出産前後に)腰椎の圧迫骨折が増えている」という報告が多くあげられるようになったという。

 腰椎は、溶けやすいスポンジ状(海綿骨)の割合が多く、妊娠中の体重増加などが理由で骨折しやすいのでは、と推測されている。

 ところが、骨の変化や骨折の実態把握はこれまで放置されてきた。その理由は、骨折の自覚症状が捉えにくく、エックス線検査も胎児への影響が懸念されているためだ。

いよいよ始まる腰椎の実態検査

 そこで、前掲の報告例を重要視した大阪市立大病院の研究チームは先頃、出産が母体の骨に与える影響の本格的調査をはじめる意向を明かした。

 具体的にはエックス線に替わる超音波で、より精度の高く骨の状態が測れる装置が開発され、未踏の検査が可能になったからだ。大学側の装置導入をうけて研究チームは6月中を目途に、35歳以上の妊婦を中心とする100人程度の協力者を募るという。

 今回の研究では、妊娠期(初期/中期/後期)と授乳期(出産直後/出産3カ月後)のおよそ1年強の間に計5回の検査を実施する。その期間の骨の密度や厚さなどが、どのような変化をおよぼすのかが調べられる。

 周知のとおり、この妊娠期から授乳期の間、母体では大量のカルシウムが胎児に供給される。その際、若い女性であれば、一時的に骨の量が減っても数カ月で回復できる。

 年齢的に食べものからのカルシウム吸収量が豊富だったり、吸収をうながすビタミンDが体内で多く作られるためである。
授乳制限と母乳神話の壁

 これが高齢出産(者)の場合、そのカルシウム不足を十分に補うのに難儀する。結果、骨がもろくなっていると推測されている。

 となれば骨の状態が良好ではない母子の場合、「授乳制限が必要かもしれない」と専門医は見立てている。具体的には新生児の栄養上、母乳が必須ではなくなる「産後1カ月くらい」を目安に授乳制限を指導すべきらしい。

 この「高齢出産」「授乳制限」というコトバから連想されるのが産婦人科医、宋美玄さんの体験談だ。昨年11月、「39歳での高齢出産で妊娠糖尿病という合併症も」かかえながら無事第二子を出産した。

 初産時の母乳育児に「とても辛い思い出」をもつという宋さん。お産直後から空腹で泣き続ける赤ちゃんに自身は不眠の日々、何度も吸わせたがようやく滲む程度に母乳が出始めたのが退院時期で......。

 当時の想いを彼女は連載コラムでこう綴っていた。

 「娘の体重は減り続け、しんどい授乳姿勢で肩が凝り、手はけんしょう炎になり、乳頭には水泡ができて吸わせるだけで激痛。粉ミルクを併用しながら母乳の分泌が安定するまでの約3週間、不安と罪悪感を感じ......」

授乳しながらスマホ検索

 産婦人科医にして妊婦でありながら、産後と母乳の知識は「恥ずかしながら」聞きかじり程度だったという宋さん。

 専門書よりも先につい「授乳しながらスマホ検索」に走ったと正直に綴っていたが、ネット上でも玉石混交の母乳神話/ 至上主義の優位性が著しく、母乳育児問題のデリケートさを痛感したという。

 彼女が小児科医・森戸やすみさんとの共著『母乳でも粉ミルクでも混合でも! 産婦人科医ママと小児科医ママのらくちん授乳BOOK』を上梓したのも、そんな初産時の体験実感が背景にあったからだ。

 一方、近年の傾向として深刻化しているのが、妊娠前の過度なダイエット志向だ。その悪影響で骨量の少ない女性が増え、加齢に伴う骨折リスク、という悪循環が形成されている。
(文=編集部)