食事内容から不足栄養素をサプリで補う(shutterstock.com)

写真拡大

 先日、期間限定(4月29日~5月4日)で東京・原宿にサプリメントショップがオープンして話題を呼んだ。

 その名は「FAST FOOD AID」。無機的な店舗の壁には小瓶に入れられたサプリメントがずらりと並ぶ。

 同店では、ファストフードなどのレシートを客が持参すると、その食事内容から管理栄養士が栄養素を分析・診断し、不足していると思われる栄養素をサプリで無料配布した。

 仮に3食ハンバーガーを食べたとする。不足は、カロテン、鉄、カルシウム、ビタミンC、ビタミンD、葉酸、食物繊維などだ。1日分20粒、年間では7300粒が必要になる。視覚的な驚きを隠せない来店者が多かった。

カロリーは足りても「新型栄養失調」

 この期間限定ショップを仕掛けたのは、お好み焼きチェーンの株式会社道とん堀。ハンバーガーでは栄養不足でも、卵、野菜などが豊富に入ったお好み焼きならバランスよく栄養素が取れるという。

 必要なサプリメントは「0粒」。これをアピールすると同時に、現代の食と栄養について考えるきっかけを提供するのが目的だ。

 それというのも、日本人に「新型栄養失調」が増えているからだ。「この飽食の時代に栄養失調?」と不思議かもしれないが、この「新型」は、必要なエネルギーは足りているもののビタミンやカルシウム、食物繊維など特定の栄養素が足りない状態だ。

 極端なダイエットや、コンビニやファストフードなどで手軽に食べ物が調達できたりする現代ならではの栄養失調といえる。

 先のサプリショップで来店者300人を覆面調査したところ、その85,6%が新型栄養失調のリスクを抱えていることが判明した。

 しかも、自覚症状がある人はわずか12%だったという。このごろ疲れやすい、風邪をひきやすくなった、貧血気味......という人は、病気を疑う前に自身の食生活を振り返ってみてはどうだろうか。
野菜ばかり食べても栄養失調に

 新型栄養失調を防ぐには、バランスのとれたメニューを心がけることに尽きる。ビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれる野菜は、特に意識して食べたい食材だ。

 厚生労働省が推進する健康作り運動「健康日本21」では、1日に摂取する野菜の量を350gと目標に掲げている。

 350gがどのくらいかというと、青菜のお浸しのような小鉢が約70gなので、5皿分が必要だ。野菜炒めなど大皿はその倍くらいと覚えておくといい。

 とすると、毎食野菜の小鉢を1皿つけ、野菜メインの大皿料理を1日1回食べなければならない。ハンバーガーに挟んだレタスではとても足りないことがわかるだろう。

 一方、シニア世代でも栄養失調は深刻な問題だ。こちらは、メタボリックシンドロームを恐れるあまり野菜中心の粗食ばかりして、必要な栄養素が足りなくなる=低栄養というもの。これをきっかけに要介護へまっしぐらということもある。

 近年、タンパク質と脂質の摂取の重要性が常識となっている。実は、ビタミンやミネラルは肉や魚にも豊富に含まれる。野菜一辺倒の従来のヘルシー志向も考え直すべきかもしれない。
(文=編集部)