酒井高徳、ブンデスで対峙するイビセビッチらとの代表レベルでの対戦に「日本にとって良いテスト」《日本代表海外組合宿》

写真拡大

▽6月にキリンカップサッカー2016を控える日本代表は24日、千葉県内で海外組の一部選手が集まり、事前合宿を行った。

▽練習後に記者の囲み取材に応じたDF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)は、自身が普段からブンデスリーガでマッチアップする選手と代表レベルで対戦することが日本代表にとって、良いテストになると持論を転じた。

◆DF酒井高徳 (ハンブルガーSV/ドイツ)

――欧州勢が集う今大会について

「アジアでの戦いで常勝が求められる中で、日本代表としてヨーロッパのチームと対戦できるのは、代表の目線、個人の目線から見ても、良いものにしたいと思う」

――今までマッチアップした選手とも相対することもあると思うが

「(ヴェダド・)イビセビッチ(ヘルタ・ベルリン)と(セアド・)コラシナク(シャルケ)とはやっているし、(エミル・)スバヒッチはチームメートだし(3選手ともにボスニア・ヘルツェゴビナ代表)。日本にとっては良いテストになるのかなと思う」

――調整は進んでいるか

「段階を踏んで身体を作っていきたい。まだ、この人数で戦術的なことを考える必要もないし、全員が集まったときにシーズンと同様のパフォーマンスを出せるように、しっかりとやっていければ」