23日、参考消息網によると、米航空機メーカー大手のボーイングはこのほど、ベトナムの格安航空会社ベトジェット航空からジェット旅客機100機を受注した。写真はボーイング737。

写真拡大

2016年5月23日、参考消息網によると、米航空機メーカー大手のボーイングはこのほど、ベトナムの格安航空会社ベトジェット航空からジェット旅客機100機を受注した。受注額は113億ドル(約1兆2400億円)。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ベトジェットが購入するのはボーイング737MAX200。同社はベトナム唯一の民間航空会社で、利用者の急増に合わせて保有機数を増やす。オバマ米大統領のベトナム訪問に合わせて調印。旅客機の引き渡しは19年から4年で、23年末の保有機数200機を目指す。(翻訳・編集/大宮)