どれだけ彼女を大切にしているか?彼氏の「キモチが表れる」50の項目

写真拡大

男性の皆さん、愛情表現してますか?
そんなこと、「言われなくとも」なのは百も承知。けれど、知らぬ間に二人のあいだに巣食うのが「誰よりも知っている」「愛されているから大丈夫」といった誤解や自惚れだったりします。だからこその提案なんです。

もう、男性は愛情表現が苦手なんて言わせない。「I Heart Intelligence」より、世の男性たちに向けたチェックリストをご紹介。言わずもがなだからこそ、女性たちは待っているんじゃありませんか?

01.
彼女の自慢できてる?

彼女といる場所でも、いないときでも。いつでも自慢してあげること、できていますか?たいていの人は、自分の彼女の魅力を謙遜して話すもの。けれど、あなたが選んだ相手です、自慢できることはたくさんあるでしょう?

02.
「しょせん女の子だし…」
“弱い”という決め付けはダメ

彼女を「弱い人間」だなんて決め付けはいけません。たしかに、女性は男性よりも感情的。けれど、それは弱さではありません。たとえ、期間限定であったとしても、付き合っている間、彼女は人生であなたが最も大切にすべき存在。彼女のことを見下すようでは、あなたは本当のところ彼女を大切にできていないのです。

03.
有言実行の男であれ!

男性たるもの、言ったことは行動に移しましょう。口先だけではなく、きちんと行動で表す。簡単なことではないかもしれませんが、彼女に「うん、分かった」と言った以上、体言する努力を惜しんではいけません。

04.
「間違い」を認め合る勇気を

自分の間違いを素直に認めましょう。常に正直にありのままに。ダメな自分も彼女に見せることは、互いの距離を縮めることにおいても不可欠ですから。

05.
お洒落もちゃんと意識

外見にも気を使うこと。運動、髭剃り、シャワー、デオドラント……。どうしたら、彼女があなたを魅力的だと感じるか?そのための努力は、何でもやる必要があります。一緒にいて相手に嫌な気分にさせない。これはある種マナーですから。

06.
家事は共同のデイリーワーク

特別な理由なんてなくたって、家のことは二人の責任。「全部任せて!」なんて、彼女が毎日やってくれていることをそっくりそのまま引き受ける必要はありません。どんな些細なことでもちょっと先回りしてやっておいたり、「辛いだろうな」と思うことをあなたがやる。これが肝心。

07.
悩みの相談に乗ってあげる

もしも、彼女が不安そうにしていることがあれば、あなたがそれを取り除いてあげること。不安の原因を聞いてあげましょう。ヒーローになるには、まず彼女が恐れていることをあなた自身が知ることです。大切なのは、いつもあなたが彼女を気にかけていることを理解してもらうこと。

08.
お互いの努力を止めないこと

教養を大切にしましょう。いつまでも若者気取りではいけません。彼女が何かを達成した際には、それを自分も「誇りに思う」ということをきちんと伝えてあげましょう。スパークリングワインを開けて、一緒にお祝いするくらいに。

09.
どんなに短時間、短距離でも
月イチで出かける小旅行

たとえそれがめちゃくちゃ近距離でも、日帰りの旅だったとしても、小さな旅行を企画しましょう。しかも、ふたりで。彼女を自分が好きな場所に連れて行って。

10.
感謝のキモチを忘れない

いつだって、彼女への尊敬の念や感謝のキモチを交えて話すこと。「自分はないがしろにされている」。そう彼女が感じることがないように。「ありがとう」そのキモチをきちんと口に出して伝えることです。

11.
相手の話は最後まで聞く

簡単なようで忘れがち、大切なことは彼女の話を最後までよく聞くことです。言葉をきちんと理解するだけでなく、そこから彼女のキモチも理解しなければいけません。たとえ、話が上手くまとまっていなくたって、辛抱強く聞いてあげてください。

12.
「頑張ったね」「良かったね」
褒める時はとことん褒める

どこが良かったのか、何を頑張ったのか、はっきりと伝えることで彼女の頑張りに応えてあげましょう。意図をきちんと理解してもらうことも大切。そうすることで、あなたの言葉が本心であることが伝わります。

13.
愛情に見返りを求めない

こんなに愛しているのに……。愛情に見返りを求めるようになったら恋愛は終わり。自分が愛してもらいたいから、と相手に愛情を示すのは違います。愛は、惜しまず与えるもの、でしょ?ギブアンドテイクは、あくまでも副産物くらいに考えておくのがちょうどいいかも。

14.
決断の前には熟考を

物事を決定していく時、彼女のキモチも十分に考慮しましょう。彼女がどう思うかを聞き、それを踏まえて物事を考えるようにすれば、たとえ悪い方向に向かったとしても修正が利くはずです。

15.
彼女の「好き」をシェアしよう

彼女の好きなことに興味を持ちましょう。料理を作るのが好きな女性なら、あなたも下ごしらえを手伝ったり。スポーツが好きな彼女なら、一緒に汗を流す。こうやって、ひとつずつ好きを共有体験することで、どんどん相手への理解を深めていく。それを面倒だなんて思わないで。

16.
同じ目標をひとつ!

お互いが何を目的に頑張っているか理解し合っていれば、手を差し伸べやすいはず。同じ目標があれば、さらに二人の距離は近くなりますよ。

17.
彼女の内面、ちゃんと見てる?

外見ばかりでなく、内面もしっかり愛しましょう。内面を大切にしていることが伝わると、彼女はこれまで以上にあなたからの愛情を感じ、またそのことに感謝したいキモチになるはず。

18.
どんな時も彼女の「味方」で

たとえ四面楚歌であっても、あなただけはいつも彼女を支持してあげましょう。彼女と、誰か他の人を選ばなければいけない時は、彼女優先に。もちろん、彼女に否があることも。それでも、間違いは後でちゃんとあなたが示してあげればいいこと。

19.
会話の最中は彼女の目を見て

話半分、それが女性にとっては嫌なのです。ちゃんと話しを聞いている、その姿勢を示す。話の途中で他のことを考えていたり、気のない相槌も止めましょう。

20.
あなたからのマッサージを

お風呂あがりや、寝る前に、簡単なマッサージをしてあげましょう。たとえば背中や肩をモミモミ。キライな女性なんてそういません。人肌のコミュニケーションは、大きな癒やしの効果を持ち、絆を強めていきますよ。

21.
具合が悪い時は、
できるだけ側にいてあげる

彼女の具合が悪い時、それがただの頭痛だったとしても、できる限りのケアをしてあげること。彼女だってあなたのことをいつも気にかけてくれているはず。具合の悪い彼女を介抱することは、日頃の感謝でもあるのです。

22.
許しは、信頼感の証

もしも、彼女が間違っていたとしても、彼女があなたにウソをついていたとしても、許しましょう。愛を表すには許して忘れることもときに必要。いつまでも嫌な気持ちを抱え続けているようでは、その関係は上手くいきません。

23.
どんな時も彼女の「支え」で

彼氏たるもの、常に彼女を支えることを忘れずに。それがいかに夢見がちで、非現実的なものであれ、目標に走る彼女を全力でサポートする。愛する彼氏だからこその支えです。

24.
離れている時こそケアを怠らない

一緒にいないときでも、彼女のことを考えていることをメールや電話で伝えましょう。

25.
いつもベストな自分で

常に率先して動くようにしましょう。あなたが常にベストを尽くす努力をしていることを彼女が理解すれば、やがてそれが尊敬に変わるはずです。

26.
変化を厭わない、怖れない

努力を続けることです。人間は誰でも変わることができるもの。彼女にここを直して欲しいと言われたところがあれば、直すために自分が努力している姿を見せましょう。

27.
サプライズは大胆に!

時にはサプライズを演出しましょう。カードや手紙を渡す、花を持って現れる、欲しがっていたブレスレットを内緒で買っておく。どんな小さなことでもOK。サプライズは、新鮮な気持ちを保つために必要不可欠ですから。

28.
「愛情表現」に遠慮なんていらない

たとえそれが公衆の面前であったって、恥ずかしがらずに愛情表現を。手を繋ぐ、キスをする、ハグをする。彼女への気持ちを人前で表現することを恥ずかしいなんて思わないで。

29.
些細な事でも、
問題の芽は早めに摘む

「気になっていることがある」と言われたら、絶対に無視してはいけません。ちゃんと相手の話しを聞いて。どんなに小さなことだったとしても、長い間それが解決されずにいたら、いつか大きな問題となり解決の糸口すらわからなくなってしまうから。

30.
他人との比較なんて時間のムダ

彼女と他の女性を比べることに、いったい何の意味がありますか?あなたが付き合っているのは、目の前の女性ただ一人。誰かと比べる必要なんてありません。

31.
待ち合わせ時間に遅れる時は
必ず連絡をいれること

案外、これができない男性が多いのです。遅れるときには必ず連絡をしましょう。連絡なく遅れると、女性は自分が「大切にされていない」という印象を抱いてしまいますよ。

32.
いつも“家デート”はNG
ワクワクを探しに出かけよう

付き合いたての頃はよくデートをしていたと思います。それがなぜ、だんだんと出歩かなくなってしまうのでしょう?いつも家でだらだら過ごすことを彼女が望んでいますか?いつまでもラブラブでいるためには、常に新しい発見を。

33.
たくさん二人の写真を撮ろう

「写真ばっかり撮っている」なんてイメージを女性に抱いていませんか?でも、女性からすれば、その一枚一枚が違う意味合いを持っているんです。何もせず、公園でぼけ〜っとしているような時だって、二人で記念写真を撮りましょう。

34.
仕事を彼女との関係に持ち込まない

よく、オンオフの切り替えが下手な男性がいます。彼女といる時は、スマホの電源を切れ!なんて言いませんが、仕事は切り離して接しましょう。そして、自分の問題を彼女に押し付けるようなことは避けましょう。

35.
冗談は“タイミング”が肝心

真面目な話しをしているときは、冗談で茶化さないこと。静かに話しを聞いて、話し合って。

36.
でも、ユーモアは大切!

二人でいる時間が増えるほど、向き合うべき真剣な物事だって増えていくことでしょう。常に生活に笑いが耐えないようにユーモアを忘れないで。

37.
「ちょっと手伝って!」に
嫌な顔は禁物です

何か手伝って欲しいと頼まれたときは、嫌そうな顔をしないように心がけましょう。「疲れた」「面倒くさい」それらをぐっと飲み込んで、喜んで手伝ってあげること。彼女だって全てがやりたいことな訳ではないはず。それでも、「どっちかがやらなければ…」と率先して重い腰を上げてくれている。違いますか?

38.
彼女が落ち込んでいたら…
無条件でぎゅっと抱きしめる

もしも彼女が落ち込み、傷ついているようなときは、彼女をギュッと抱きしめる。ただそれだけ。愛していること、大切な存在であることを態度で伝えてあげましょう。あなたが常に彼女の味方でいてくれることが、何よりも心の励みに和る時があるんです。

39.
下手でも、やったことなくても
今日はボクが「料理当番」!

夕食はいつも彼女が作ってくれてたり?作る人、片付ける人と役割分担ができているのかもしれません。けれど、たまにはエプロンをして自分からキッチンに立ち、彼女をゆっくりさせてあげることも大切。逆にハラハラ、ドキドキさせちゃう?

40.
彼女との時間を最優先

できる限り、彼女と過ごす一緒の時間を大切にしましょう。世の中で最も多く時間を共有する相手は、最も大切な存在の人でなきゃね。

41.
彼女が何でも
言いやすい環境をつくる

思っていることを彼女が素直に伝えられる。そんな環境を常に作ってあげることです。彼女が本音を話しているときに、どうでもいいという態度をとらないように。

42.
リラックスモードの彼女を
更にくつろがせてあげる工夫

リラックスモードの時は、彼女が快適に過ごせるサポートをしてあげましょう。テレビを彼女が見ているなら、背中から両腕で包んであげる。もしくは、横に座り手を繋いであげるなど。あなたと一緒にいること、あなたが気にかけていることを感じられるようにしてあげてください。

43.
アダ名で呼んであげてる?

彼女のことを特別な呼び名で呼んであげましょう。常に下の名前だけで呼ぶなんて、機会的で味気ない。たまには相手をドキッとさせるような呼び方にトライしてみるのも一考です。

44.
もっと、彼女を知る努力を

彼女のことをさらによく知る努力を。思いつく限り全てのことを彼女と話してみて。人生に関する考え方の根底が見えてくるはずだから。

45.
ベッドでの性格も把握して

ベッドでの彼女の好みを把握する努力を怠ってはいけません。

46.
大げさに言えば、
神さまからのギフト

彼女と過ごす時間、もしかしたら神さまがくれたギフトなのかもしれません。彼女と過ごす毎日の中で、そのことへの感謝を忘れないように。「いるのが当たり前」、その感覚をまずは無くすことから。

47.
手づくりの「プレゼント」してる?

自分が作ったものを時にはプレゼントしてあげましょう。プレゼントをただ買うばかりではなく、時には自分で手をかけて。付き合ってきた過去の歴史をまとめてあげるだけでも十分。これまでの二人の年月に、さらに嬉しい記憶が加わりますよ。

48.
彼女からのサポートを
上手に受け入れる

男性は、感情的なことを得意としません。そんな時、意地を張るよりも、彼女に救いを求めるのもアリ。その行動が彼女への信頼と愛情を表します。

49.
感謝は言葉でも伝え、
文字(メッセージ)でも残す

家の中にメモを置く習慣を身につけましょう。ちょっとした感謝の気持ちでも、何でもOK。やがて、家に帰るたびにあなたからのメッセージを見つけることが、彼女の楽しみになり日々のサプライズにもつながっていきます。

50.
そして…一日10回は、
彼女に「愛してる♡」を!

少なくとも、一日10回は言葉できちんと愛を表現しましょう。どれだけ口にしたって十分なんてことはありません。さあ、キモチを伝えることを惜しまないで!

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence