「基本」モデルといえる3ドア/5ドアをはじめ、クラブマンやクロスオーバーなど、独身の方からディンクス、ファミリーまで、多様なニーズを多彩なボディバリエーションによって応えるMINIシリーズ。

1

MINI「ファミリー」と呼びたくなる充実ぶりで、あとは3列シートのミニバンを待つだけ!? と思えるほどです。そのなかで、日本はもちろん世界的にも人気なのがMINIコンバーチブルで、2016年1〜4月期に前年同期比12.0%増の5849台を販売。

日本登場時の新型MINIコンバーチブルは、1.5Lの直列3気筒ターボを積むクーパー、2.0LターボのクーパーSのほか、ジョン・クーパー・ワークスが用意されています。なお、トランスミッションは全車6ATのみです。

試乗したのはクーパーとクーパーS。

前者は136ps/4400rpm、220Nm/1250-4300rpmというスペックで、アイドリング時や低速走行時を中心に、屋根を開けていると3気筒らしいやや大きめの音が聞こえてきますが、通常時はアイドリングストップが作動しますから音も振動も気にする必要は当然ながらありません。

クーパーはクーパーSよりも40kg軽く、タイヤサイズも1インチ小さい195/55R16ということもあってか、より軽快感を抱かせます。

2台を乗り比べるとトルク感も高速域のパンチ力もクーパーSのほうがもちろん上ですが、パワーフィールや乗り心地などのバランスはクーパーの方が一枚上手な印象を受けます。

それに、オープン時は「飛ばす」よりも「流す」方が楽しく感じられますから、コンバーチブルならではの醍醐味を味わうならクーパーでしょう。

一方のクーパーSは、上り坂でもグイグイと速度を乗せていく痛快な走りが魅力で、コンバーチブルでも高速道路を使って頻繁にロングドライブを楽しむなら「S」の192ps/5000rpm、280Nm/1250-4600rpmというスペックは大きな強みになるはず。

カタログ燃費もクーパーが16.7km/L、クーパーSが16.3km/Lとほとんど差がなく、走らせ方次第でリカバリーできますから、上記のような乗り方が多く、予算が許せばダイナミックな走りが美点のクーパーSを躊躇なく選択したいところです。

(文/塚田勝弘・写真/前田惠介)

【関連記事】

■新型MINIコンバーチブルは数少ないコンパクト4シーターモデル
http://clicccar.com/2016/05/22/372908/

■新型MINIコンバーチブルの装備、居住性、積載性はどうか?
http://clicccar.com/?p=372920

新型MINIコンバーチブルの爽快な走りはクセになる!?(http://clicccar.com/2016/05/24/373530/)