札幌初開催となる「ベルギービールウィ―クエンド」。会場の札幌大通公園8丁目には、個性豊かな85種類のベルギービールが登場!

写真拡大

6月22日(水)から6月26日(日)まで、札幌大通公園8丁目(札幌市中央区)にて、札幌初となる「ベルギービールウィークエンド札幌2016」が開催される。

【写真を見る】BBWの人気メニュー「フリッツ」(フライドポテト)と「ブーレット」(ミートボール)。フリッツに最適な“ビンチェ”という品種のジャガイモは、ベルギーから直輸入

「ベルギービールウィ―クエンド」(以下BBW)とは、“ビール王国”ベルギーの文化を丸ごと体験できるアジア最大のベルギーイベント。今回は、6月25日(土)から札幌大通公園(4丁目〜8丁目)にて開催される「花フェスタ2016札幌」の一環として行われる。

期間中、会場には個性豊かな85種類のベルギービールが登場。ビール通には定番の「トラピストビール」や「IPA」をはじめ、「ホワイトビール」や「フルーツビール」などバラエティ豊かなラインアップ。入門者でも簡単にお気に入りを見つけて楽しめるよう、多種多彩なベルギービールを11のタイプに分類し、わかりやすく提供する。

また、ベルギーの食文化を楽しめるフードメニューも見逃せない。ベルギーでは無形文化遺産に登録されている「フリッツ」(フライドポテト)をはじめ「ブーレット」(ミートボール)などビールにぴったりの伝統料理、そして「ベルギーワッフル」などのスイーツも楽しめる。

さらに週末には、ベルギーのシンガーソングライターであるアントン・ウォルグレーヴによるライブパフォーマンスも実施。食と音楽で本場ベルギーの会場さながらの雰囲気に盛り上げる。

前売りチケットは、全国セブンイレブン各店、全国サークルKサンクス各店、チケットぴあにて取り扱う。会場で使用するオリジナルグラス1個、飲食用コイン11枚が付いてくる「スターターセット」(3100円)として販売される。

爽やかな初夏の札幌大通公園は、みんなでワイワイビールを味わうのにぴったり。咲き誇る美しい花々に囲まれて、ベルギー自慢のビールと食を満喫しよう。【北海道ウォーカー】