写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ZMPは5月24日、実車とドライブシミュレーターを用いた実車実験走行サービス「RoboTest VR+」の提供を開始したと発表した。

同社ではこれまで、ドライバーが公道やテストコースでの実車実験走行を行う「RoboTest」を提供してきた。RoboTest VR+では、ドライブシミュレーター技術を利用することで、飲酒時の運転や、居眠り、身体的疲労時、長時間走行など、公道では実施困難な走行テストをシミュレーターで再現することも可能で、例えば実車での昼間走行とシミュレーターでの夜間ドライバー飲酒時の走行比較実験を行うことができる。また、ドライビングシミュレーターではモニタ上の走行環境を自由に作り出すことができるため、特殊環境のコースを再現し、視認性が悪い環境などを創りだしてテストを行うことができ、天候や道路状況に左右されず走行テストをスケジュール通りに実施できるメリットもある。

価格(税別)はドライバー5名・10日間の走行テストで600万円〜で、要望に応じて実験内容を提案するとしている。

(神山翔)