写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ラックは5月24日、セキュリティ監視センターJSOC(ジェイソック:Japan Security Operation Center)の「マルウェア対策製品監視・運用サービス」において、ファイア・アイのエンドポイント向け脅威対策として提供するFireEye HXシリーズに7月1日より対応すると発表した。

同サービスは、これまでネットワーク侵入を検知するFireEye NXシリーズ(Webアクセスにおけるマルウェア解析)、標的型攻撃メールに対するマルウェア解析のFireEye EXシリーズに対応していた。今回、エンドポイントの端末を保護するFireEye HXシリーズに対応することで、ネットワークでの出入り口対策に加え、エンドポイントまでの脅威を検知することが可能となる。

具体的には、「HXが検知したエンドポイントに潜む脅威を、ラックのセキュリティアナリストがより詳細な調査や分析を行い、脅威の特性を正確に把握して追跡」「HXと同一環境に導入された、FireEye(NX/EX)、IDS/IPSなどの検知結果を、JSOC独自で相関分析」「緊急性が高い事象が認められた場合は、15分以内に顧客へ電話連絡を実施し、感染端末をネットワークから隔離」が提供される。

同サービスの参考サービス価格は、1端末当たり月額1500円からとなっている。