漫画『ハイスコアガール』が連載再開、リニューアル版「CONTINUE」と最新6巻も発売

写真拡大

アーケード・ラブコメディー漫画『ハイスコアガール』の連載再開と、コミックスの発売が決定しました。連載は7月25日発売の月刊『ビッグガンガン』2016 VOL8(紙版、デジタル版ともに)から、既刊コミックスのリニューアル版『ハイスコアガール CONTINUE』1〜5巻および新刊の『ハイスコアガール』6巻も7月25日に発売されるとのこと。作者の押切さんご本人も、約1年9ヶ月ぶりにツイートされています。

『ハイスコアガール』は90年代のゲームセンターを舞台に恋愛模様を描いたラブコメディで、押切さんが実際に熱中してきたアーケード(業務用)ゲームの画面が散りばめられているのが魅力の一つ。ちなみに「ラブ」の部分は実体験ではないそうで、リアル溝口メモリアルは『ピコピコ少年』(太田出版)シリーズをご参照ください。

そうしたアーケードゲームのうち『サムライスピリッツ』や『餓狼伝説』といったSNKプレイモアのゲームにつき許諾を取ってなかったとして、2014年8月に同社がスクウェア・エニックスと出版部門の関係者を著作権侵害として刑事告訴。その「関係者」の中には押切さんご本人も含まれ、家宅捜索ほか大変なことがあったようです。この告訴により単行本は自主回収、『ハイスコアガール』本編も休載され、すでに発表されていたアニメ化の続報も聞こえてこなくなりました。

2015年8月には、急きょSNKプレイモアとスクウェア・エニックスが和解し、無事に『ハイスコアガール』の出版・販売が再開されることに。その背景には、SNKプレイモアが中国の大手オンラインゲーム企業により実質的に買収され、『メタルスラッグ』ほかのIPを幅広く活用するために紛争を早期に解決すべきと判断された事情があります。

その第一報をご本人が聞いた喜びの様子は、なぜか押切さんが開発途中のゲームを遊ぶ実録マンガ『オーディンスフィア レイヴスラシルを追え!!」』にて公開。もともと『ハイスコアガール』事件で凹んでいた『ピコピコ少年SUPER』の最終回に続くドキュメントの色が濃かったのですが、第四回は開発会社ヴァニラウェアの社内で訴訟の和解を祝うレアなゲーム漫画となっています。

▲無料で読める実録マンガ『オーディンスフィア レイヴスラシルを追え!!」』の第4話に描かれたシーンより。

そんな和解の成立から、待つこと約9ヶ月。一度は回収された1〜5巻をリニューアルした『ハイスコアガール CONTINUE』は、表紙や16Pの特別読み切りを描きおろしのほか、加筆・修正されるとのこと。どこが修正されるかはおよそ察しが付きやすいので、旧版のコミックを持っている人は永久保存をお勧めします。