続『変態仮面』のムロツヨシ、「自分と同じエロさを持った女性がいい」
 鈴木亮平さんが、パンティを頭にかぶることでパワーを発揮するヒーローに扮するアクションコメディの第2作『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』。今作では世界からパンティが消失するという非常事態が!

 前作に引き続き、主人公の色丞狂介の前に立ちはだかる敵・大金玉男役で出演しているムロツヨシさんに単独インタビューしました。

◆続編は“しっかりふざける”福田組の進化系

――前作が大変な反響を呼んでの続編ですね!

ムロ:前作の公開時のざわざわ感、ワーワー感は、正直誰も想像してなかったですよね(笑)。福田(雄一監督)組は、たとえば「勇者ヨシヒコ」シリーズでもそうだったんだけど、ちゃんとふざけるというのがルールなんです。中途半端に守りに入らない。福田さんがおもしろいと思うものはやる。だからあの結果は嬉しかったですね。

 ただ鈴木亮平が、前作の後にとんでもないスピードの活躍ぶりを見せたので、役者仲間として嬉しい反面、続編はないんじゃないかとも思ってました(笑)。『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』は前作よりスケールも大きくなって、またしっかりふざけてるので、大いにざわついていただきたいです。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=520605

――出来上がりを観ての感想は?

ムロ:特に前半の学校のシーンで、監督の強い意志と覚悟を感じました。パンティがどんどんなくなっていくところなんですけど、誰もふざけてないんですよ、役者たちは。ふざけているのは設定だけ。本当は、福田さん前作でやりたかったらしいんですけど、その時はまず世界観を分からせる必要があるから、分かりやすい笑いやすい部分を持ってくる必要があったんです。

 でも本当にやりたかったのは、今作の前半の亮平と清水富美加ちゃんが、くそまじめにお芝居している感じ。福田組によくいる、僕や佐藤二朗さんみたいな、「これおかしいよね」って突っ込んで、お客さんが安心できる立場の人がいないんですよ。福田組の進化系ですね。おもしろい。

◆共演者、鈴木亮平&柳楽優弥

――鈴木さんと、今作から参加の柳楽優弥さんは撮影現場でどんな感じでしたか?

ムロ:柳楽くんはここまで大声をずっと張り上げる芝居は初めてだったようで。撮影当時、ちょうど舞台も重なっていて、のどの負担を気にして相談を受けました。だから言いましたね。「相談する相手が間違ってる」って。何をやっても声枯れする“掃除機ボイス”と言われている僕に何を聞いているんだと。まぁ、舞台をやっているときによく使う薬を紹介しましたけど。でも結局、明日稽古があるというのに、全力で声を出し切ってましたから、役者魂を感じましたね。いいよ! 柳楽!って。

 亮平は『シュアリー・サムデイ』からの付き合いですけど、前作のときと比べて、今作ではいろんな経験をして、しっかり結果を出してきたという根拠のある自信を身に着けていてすばらしかったです。それでいておごったところは全くないし。前回も伝えましたが、今回も撮影が終わったときに「主演としての素晴らしい背中を見させていただきました」という言葉を送りました。真ん中でスタッフ、共演者と関わり合い、本番でしっかり結果を出す。そこは僕も見習いたいし、いい影響を受けました。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=520618

◆女性の恥じらう姿が好き

――前作で死んだと思われていた、ムロさんが演じた大金玉男は、首から下をなくして新しい肉体を手に入れました。もしムロさんが首から下を変えられるとしたら、誰に変えたいですか?

ムロ:えー、うーん。プロスポーツ選手かな。そのスポーツに特化した筋肉だけでできている感じの。いまのイチローさんとか。自分の脳も顔も20代に戻るなら20代の肉体がいいかもしれないけど、今ならやっぱり40代のアスリートの体がほしいですね。イチローさんとか、三浦知良さんとか。その専門分野で鍛え上げられた肉体。憧れるし、尊敬しますね。あ、僕も役者専門のボディですけどねっ。