ジャガーの2ドア・スポーツクーペ『F-タイプ』の改良新型プロトタイプを、カメラがキャッチしました。

1

フロント&リアバンパーをはじめ、ラジエーターグリル、フルLEDヘッドライトなどに新デザインが採用され、エキゾーストパイプはセンター2本出しになっているのが分かります。

パワートレインはキャリーオーバーされる、3リットルV型6気筒エンジンのほか、注目は2リットル4気筒ターボディーゼルエンジン、「インジニウム」搭載モデルが追加される可能性が高いです。

4気筒の「インジニウム」はジャガー史上、最も効率性に優れたディーゼルエンジンであり、現在弟分の「XE」にも搭載されています。

ワールドプレミは2017年3月のジュネーブモーターショーと見られています。

(APOLLO)

ジャガー、Fタイプ改良新型に超高性能4気筒エンジン搭載か!?(http://clicccar.com/2016/05/24/373657/)