「私の少女時代」、韓国でもヒット  台湾映画として過去最高の動員数に

写真拡大

(ソウル 24日 中央社)昨年興行収入4億台湾元(約13億3800万円)を超える大ヒットを記録した台湾映画「私の少女時代」(我的少女時代)が、韓国でも好調な動員を記録している。12日の公開から約2週間での観客動員数は18万人を突破。ジェイ・チョウ(周杰倫)が主演した「言えない秘密」(不能説的秘密、韓国で2008年公開)の15万人を上回り、韓国で上映された台湾映画として過去最高記録を打ち立てた。

韓国のインターネット上では、青少年や大学生のユーザーを中心に同作が話題になっており、特に主演を務めたダレン・ワン(王大陸)のカッコ良さとさわやかな笑顔は、多くの少女の心をつかんでいるという。

同作を観賞した韓国の少女は中央社の取材に対し、「言えない秘密」と「あの頃、君を追いかけた」(那些年,我們一起追的女孩)を見たことのある人は「私の少女時代」も続けて見るようになるだろうと指摘。さらに、これらの台湾映画が韓国でヒットするのは、主演の男女2人の純愛が恋愛中の若い男女の心を揺さぶるからだろうと分析した。

韓国の大手映画館チェーン、CGVの管理職クラスの社員によると、観客数が少ない作品は通常、1つのスクリーンで他の作品と交互に上映されるが、「私の少女時代」は1日に6回上映されており、人気の高さを示しているという。

(姜遠珍/編集:名切千絵)