左上より山田涼介が演じるエドワード、本田翼、松雪泰子、ディーン・フジオカ (C) 2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C) 2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

写真拡大

これまでにもテレビアニメやアニメ映画化され人気を博してきた“ハガレン”こと、荒川弘による大ヒットコミック「鋼の錬金術師」が、山田涼介主演で実写映画化されることがわかった。

Hey!Say!JUMP・山田涼介が映画『暗殺教室』に主演!「驚きを隠せません」

原作は、2001年に月刊「少年ガンガン」で連載がスタートし、2010年に惜しまれながらも終了した荒川の代表作。少年誌での連載にもかかわらず、他のコミックにないオリジナリティ溢れる設定とビジュアルが男性ファンのみならず熱狂的な女性ファンをも獲得。全世界でシリーズ累計部数7000万部超という空前の記録を打ち立てている人気作だ。

物語は、幼き日に最愛の母親を亡くした兄エドワードと弟アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長を描いたもので、幼い2人は母を生き返らせるために“錬金術”最大の禁忌(タブー)“人体錬成”を行うが失敗。その代償として、エドワードは体の一部を、アルフォンスは体全てを失い、魂を鎧に定着させた体になってしまう。

山田が演じるのは主人公のエドワード役。今回の出演にあたって「僕自身も小さな頃から読んでいたのですが、現実離れした世界観でありながらもヒューマンドラマがちゃんと描かれている、そこに多くの人が心を惹きつけられているのだと思います。今回主演という立場をいただいた時は、原作が好きだからこそ、どんな作品になるのか疑問と想像が膨らみ、自分がこのプレッシャーに勝てるのか? という気持ちもありました」と不安な気持ちがあったことを正直に語ると、「原作ファンの方には勿論、原作を知らない方にも、この作品のすごさをスタッフ・キャスト一同で作り上げていけたらと、身体を鍛え役への理解を深めることで、今は決意が固まりました」と意気込みを語っている。

また、原作の大ファンであることを公表していて、本作のヒロインで、エドたちの幼馴染で機械鎧(オートメイル)技師のウィンリィ・ロックベル役を演じる本田翼は「プレッシャーがすごいです。原作ファン、そして私たちの世代にこそ見て欲しいし、見たいと思わせる作品にできたらと思っています」とコメント。

兄弟の良き理解者で、若き士官“焔の錬金術師”の名を持つロイ・マスタング役に扮するディーン・フジオカは「人気のマスタング大佐を演じさせていただくプレッシャーはありますが、原作ファンの皆様の大きなご期待を背負えるようにまずは身体をひとまわり大きく増量して、役作りに望みたいと思います。学生時代にはボクシング、俳優のキャリアを始めてからは中華武術やテコンドーを含め日常的に練習し、過去の仕事でもアクションを撮影してきたので、その経験が今回の新しいチャレンジに活かせるよう頑張ります」と話している。

ほかにも、マスタング大佐の親友ヒューズ中佐役に佐藤隆太。マスタングの側近ホークアイ中尉役に蓮佛美沙子。ロス少尉役に夏菜。国家錬金術師のタッカー役に大泉洋。ドクター・マルコー役に國村隼。ハクロ将軍役に小日向文世。エンヴィー役に本郷奏多。グラトニー役に内山信二。コーネロ教主役に石丸謙二郎が名を連ね、エドとアルの冒険に立ちはだかるホムンクルス(人造人間)の謀略に長けた“色欲”のラスト役に松雪泰子が扮する。

今回の映画化決定に原作者の荒川は「色々なメディア展開をしてきた鋼の錬金術師ですが、なんと実写化!マンガでは豆粒ドチビのすぐキレる主人公なので、山田さんに演じていただくのは、なんだか申し訳ない気分です…!(あ、ヒロインもすぐキレますね。すみません…)曽利監督はマンガ表現とリアル部分をつなぐCGを上手に使われる方なので、アニメやゲームとはまた違った表現を見せていただけそうで楽しみです!」とのコメントを寄せている。

『鋼の錬金術師』は2017年冬に全国公開となる。

【関連記事】
山田涼介主演『暗殺教室』続編が来春公開。二宮和也、桐谷美玲も本格参戦!
『鋼の錬金術師』、1スクリーンあたりの興収が2週連続で1位となる大ヒット!
SKE48が選ぶブラマヨ総選挙で小杉圧勝に、怒った吉田が暴挙
[動画]ブラマヨとSKEが芸能界1のハガレンファンの座をめぐってトークバトル