23日、タイメディアによると、バレーボール女子のリオ五輪世界最終予選で、タイが日本戦の判定を不服として国際バレーボール連盟(FIVA)に訴えていた問題で、FIVAは「審判の判定に一切の問題はない」との見解を示した。

写真拡大

2016年5月23日、タイメディアによると、バレーボール女子のリオデジャネイロ五輪世界最終予選で、タイが日本戦の判定を不服として国際バレーボール連盟(FIVA)に訴えていた問題で、FIVAは「審判の判定にも選手交代のシステムにも一切の問題はない」との見解を示した。

18日の試合で、互いに2セットずつを奪って迎えた最終セット、タイは12−6と大きくリードしたが、タイは選手交代をめぐる遅延行為で2度のレッドカード(日本のポイント)が出され、日本に8連続ポイントを許してしまう。結局、タイは13−15でこのセットを落として敗れた。タイのキャテポン監督によると、選手交代をしようとタブレット端末のボタンを押したが反応がなかったため、タイムアウトを要求。それが遅延行為とみなされたという。

タイは試合後、FIVAに不服を申し立てていたが、5日後にFIVAから届いた回答は「審判の判定にも選手交代のシステムにも一切問題はない。タイが負けた原因は自らのミスである」というものだった。この結果にFIVAのタイ人委員は「レッドカード自体が受け入れられない上に、FIVAは我々のチームの問題だと指摘した。審判の判定こそが疑問を持たれるべきだ。FIVAはスポーツマンシップよりカネを重視してはならない。彼らは尊厳のある仕事をしなければならない」と語り、辞任を表明している。(翻訳・編集/北田)