手をこまねていると恐ろしい未来が

写真拡大

近年、抗生物質が効かない細菌(耐性菌)が急速に勢いを増している問題で、2016年5月18日、英国政府が委託した研究チームが、2050年以降には耐性菌が原因で死亡する人は、現在の年間約70万人から14倍の1000万人以上に上る恐れがあるという報告書を発表した。

耐性菌対策は、5月26・27日に開かれる伊勢志摩サミットでも議題にのぼる予定だ。

出産が「危険な行為」となり、子どもの数が激減する

AFP通信やBBCなど複数の海外メディアによると、報告書はキャメロン英首相の要請で調査・作成されたもので、調査チームを率いたのは国際的エコノミストのジム・オニール氏。調査期間は2年におよんだ。

報告書によると、病原菌は、1個の細菌が24時間後には1億個になるスピードで繁殖し、抗生物質に対する抵抗力を身につけた突然変異がすぐに出現する。中国ではすでに最強の抗生物質コリスチンも効かないスーパー耐性菌が誕生し他国に侵入したと指摘。2050年には年間で3秒に1人のペース(年に1000万人)で死ぬレベルの伝染病が流行し、世界経済に100兆ドル(1京1000兆円)の損害を与えると予測している。

しかも、この予測は「非常に控えめ」で、医療費の増大などは含まれておらず、医療の面で次のような深刻な事態が予想されるという。

(1)通常の外科手術・帝王切開・臓器移植や免疫療法などは、耐性菌の感染により、命の危険を及ぼすレベルの伝染病が広がる恐れが高いため、行なわれなくなる。

(2)強力な菌による新たな伝染病が出現し、出産は非常に危険な行為とみなされて子どもの数が激減する。

(3)従来、治療可能だったさまざまな病気が、伝染病拡大の恐れから処置が難しくなり、不治の病になってしまう可能性がある。

スーパー耐性菌を防ぐには「世界連合」をつくるしかない

そして、このような恐ろしい未来をさけるために、ただちに次のような対策を講じるべきだと進言している。

(1)家畜の病気予防のため飼料に大量の抗生物質を使うことをやめる。

(2)農薬に抗菌剤を使うことをやめる。

(3)医療現場での抗生物質乱用をやめる世界的なキャンペーンを行なう。

(4)抗生物質の代替となる治療法や新薬の開発を進める。

(5)感染症の専門家を養成・支援する

(6)抗菌剤と耐性菌に関する研究を行なう世界的な組織を作る。

そして、何より重要なことは、これらを確実に行なうためには強固な「世界政府」が必要だとして、「世界連合を組織する」という大胆な提案を最後に行なっている。

映画では強力なウイルスの感染により人類が滅亡する世界がよく描かれるが、それほど切羽詰まった事態というわけなのだろうか。