頑丈でコンパクト、持ち運んでいつでもどこでも印刷

写真拡大

日本HP(ヒューレット・パッカード、東京都江東区)は、ビジネス向けインクジェットプリンター「HP OfficeJet(オフィスジェット) 200 Mobile」を2016年6月7日に発売する。

コンパクトデザインでバッテリー駆動に対応、車やリュックなどで持ち運んで場所を選ばずに印刷できる。従来モデルの2倍という高速印刷が可能で、交換の手間を削減する大容量インクに対応する。

接続インターフェイスはUSB2.0のほか、IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LANを新たに搭載し、簡単操作でノートパソコンやスマートフォン、タブレットなどモバイル端末から印刷できる。ネットワークの利用できない環境でもワイヤレスで接続できる「ワイヤレスダイレクト」印刷が可能だ。脱着式バッテリーとACアダプターを内蔵し、電源オフなら90分以内に充電が完了。そのほかUSB充電にも対応する。

直販サイト「HPダイレクトプラス」での価格は2万4800円(税別)。