23日、AFP通信によると、ベトナムを訪問中のオバマ米大統領は23日、チャン・ダイ・クアン国家主席との会談後に共同記者会見し、ベトナムに対する武器禁輸を全面解除すると表明した。写真はハノイ。

写真拡大

2016年5月23日、AFP通信によると、ベトナムを訪問中のオバマ米大統領は23日、チャン・ダイ・クアン国家主席との会談後に共同記者会見し、ベトナムに対する武器禁輸を全面解除すると表明した。

中国との間で南シナ海の領有権問題を抱えているベトナムにとって、武器禁輸の全面解除は防衛力強化につながる。オバマ大統領はクアン国家主席との会談後の共同記者会見で、両国は過去数十年にわたり対立や和解などをさまざまな関係を経験してきたと語り、今回の武器禁輸の全面解除は、両国が関係を「正常化」するために新しい節目に入ったことを示すものだと述べた。

この報道に、米国のネットユーザーからは、「米国の武装解除を進める一方で、ベトナムの武装化を強化しているのか」「これによって中国が第三次世界大戦を始めることにならないことを願う」「オバマ共産主義のさよならツアーだ」「ああ、すごいね!オバマ大統領にまたノーベル賞を授与してくれ」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/蘆田)