写真提供:マイナビニュース

写真拡大

fossBytesに5月20日(米国時間)に掲載された記事「Cybersecurity Breakthrough - A New Way To Generate Pure Random Numbers」が、乱数を生成するための新しい方法「Masterpiece(マスターピース)」を伝えた。擬似乱数はセキュリティ上重要な機能を担うとされている。Masterpieceは従来の方法と比較してより低い計算量で乱数を生成できると説明がある。

擬似乱数はセキュリティを確保する上で重要度の高い機能とされている。推測されやすい擬似乱数数列を生成するようなアルゴリズムではセキュリティを確保することが難しい。すでにさまざまな擬似乱数生成アルゴリズムが考案されており、オペレーティングレベルでもライブラリレベルでもさまざまな実装が提供されている。実装やシステム起動の仕組みなどから、特定の条件を整えると生成される擬似乱数数列が予測できるとしてしばしば実装上の脆弱性が指摘されることもある。

fossBytesで取り上げられている新しい擬似乱数生成法「Masterpiece」は従来の方法と比較して計算量が少ないという特徴があるという。擬似乱数生成法はいくつも存在しており、今後この方法が普及するかどうか注目される。

(後藤大地)