中国メディアの捜狐はこのほど、日本に留学する中国人学生にむけて、「日本人と中国人の考え方は大きく異なる」と指摘したうえで、日本で留学生活を送るうえでは「郷に入りては郷に従え」の精神で日本の「暗黙のルール」を理解する必要があると訴えた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディアの捜狐はこのほど、日本に留学する中国人学生にむけて、「日本人と中国人の考え方は大きく異なる」と指摘したうえで、日本で留学生活を送るうえでは「郷に入りては郷に従え」の精神で日本の「暗黙のルール」を理解する必要があると訴えた。

 記事は、日本人は礼儀を重んじ、ルールを守る国民であると指摘し、「礼儀とルールがあるからこそ、日本社会は秩序が保たれている」と論じた。確かに「上に政策あり、下に対策あり」という言葉がある中国では、「ルールは破るためにある」とも言わんばかりに、人びとはルールを守らない。中国ではそれで良いのかもしれないが、日本で生活するうえでは日本のルールに則ることが求められる。

 続けて、日本でルールを守らなければ日本人から白い目で見られ、批判されることにつながりかねないと指摘し、もっとも基本的なルールを紹介した。まず紹介したのは「列に並ぶ」ことだ。電車に乗る時、エレベーターに乗る時、スーパーで会計する時、どのような時でも列に並ぶことが求められると指摘した。列に並ぶという行為は日本であれば幼稚園児でもできる基本的なルールだが、中国では決してそうではないということだ。

 また記事は、日本と中国の大きな違いとして公共の場におけるルールを指摘。日本では公共交通機関で飲み食いをしたり、化粧をすることはマナー違反であるとしたほか、電車などの車内で携帯電話で話すこともルール違反だと指摘した。中国では電車内で電話で話をすることは特に咎められることではないため、周りの乗客に話を聞かれていることも気にせずに電話をする人も少なくない。

 そのほかにも記事は、日本での割り勘に関するマナーやお辞儀に対するマナーなども紹介している。せっかく日本を訪れ、日本で学ぶのであれば、日本人のなかに溶け込むことができるよう日本のマナーを学ぶことは重要だ。他国に留学しているのに、同じ国の人同士で固まって生活していては留学の意義も半減してしまうからだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)