蜂にインスパイアされた「天井や壁にとまれるロボット」

写真拡大

ハーヴァード大学の研究チームは、天井や壁に「静電接着」を利用してとまることができる小さな「RoboBees(ロボット蜂)」を開発した。

ハーヴァード大学の研究チームは、天井や不安定な物体にとまれる小さな「RoboBees(ロボット蜂)」を開発した。

「蜂にインスパイアされた「天井や壁にとまれるロボット」」の写真・リンク付きの記事はこちら

「蜂の生態と集団行動にインスパイアされた」というこのロボットは、サイズが非常に小さく、天井や壁などにとまることができるため、自然災害時の調査任務や、「危険環境での探査」、軍事偵察、気候図の作製などに使えるかもしれない。

このロボットは天井や壁に「静電接着」を利用してとまる。静電気を帯びた靴下がズボンの脚にくっついたり、風船が壁にくっついたりといった現象を生じさせるのと同種のエネルギーだ。

「風船の場合、時間が経つと静電気が消え、最終的に風船は落下します」と、このロボットの開発に取り組むモリッツ・グラウルは語る。「われわれのシステムでは、微量のエネルギーが常に供給されて、引力が維持されます」

このロボットの構造は驚くほど軽量で、その重さは本物の蜂と同じ100mgほどだ。