22日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国の原子力潜水艦の静粛性について紹介する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年5月22日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国の原子力潜水艦の静粛性について紹介する記事を掲載した。

記事によると、中国の091型原子力潜水艦は製造技術が高くない時代の原潜のため雑音が165デシベルと大きく、出港するとすぐに米軍に探知される状況だったという。しかし、094型原子力潜水艦では110デシベルまで改善し、米軍の対潜水艦システムでも位置は把握できないのだという。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「091型は米国人から海のトラクターと言われていたからな」
「当時の米国人は、わが国の潜水艦が出港するとハワイにまで聞こえたと笑っていたものだ」

「大きなことを言うのはやめようよ」
「今は海に出る潜水艦のほとんどが通常動力型だ。中国の原潜の遅れは半端ではないし、最新の通常動力型潜水艦でも世界で下の方」

「潜水艦技術ではわが国はまだ遅れている。鋼材と鍛造技術がまだまだだからだ」
「094型原子力潜水艦は非常に時代遅れだ。本体が小さく潜水艦発射弾道ミサイルを載せると雑音が大きくなる」

「戦略的原子力潜水艦は国の重要な武器だ。わが国は原子力潜水艦を重点的に研究開発し、祖国防衛と世界平和に貢献してほしい」
「超静音原子力潜水艦の開発を急ぎ、米国まで巡行しないと」(翻訳・編集/山中)