毎日の食事は、健康で若々しく美しい肌をつくるために欠かせないものです。正しい食事をきちんと毎日食べることで、気力や体力、健康と美容を保つことができます。必要な栄養素は数多くありますが、なにかひとつだけに偏っていたり、摂取するタイミングを間違えていたり、食べているのに美容のために役立たない食べ方をしてしまっている方もいらっしゃいます。
今日からさっそく、ストレスをためない食事を意識してみてくださいね。

イライラをおさえる食事

1: 美肌のために「ビタミンC」は4〜5時間ごとに

美容と健康のためには「ビタミンC」の摂取が不可欠です! コラーゲンの合成を助けて、ハリツヤのある肌に、シミやニキビ痕のもとメラニンの生成をおさえる効果があります。
ビタミンCの摂取目安は1日100mg、美容効果をアップさせたいなら1日2,000mg(レモン100個分)はとるべき……といわれています。サプリメントなども利用して、しっかり摂取していきましょう。
またビタミンCは水に溶けやすく、体の中にため込むことができません。2,000mgを1度にとっても、半分はムダになってしまいます。食事とサプリで4〜5時間ごとに摂取するようにしましょう。

2: イライラにはマグネシウム豊富なナッツ類

日本人が不足しやすい「マグネシウム」。不足すると、筋肉がけいれんしてまぶたがピクピクしたり、足がつったりすることも。また脳細胞の働きをコントロールしているので、イライラしたり、落ち込みがひどくなったり……。ストレスにも関係しています。イライラを感じたら、マグネシウムが豊富に含まれるナッツ類を食べるようにしましょう!
アーモンドやくるみなど、おやつにもオススメです。

3: カット野菜は避けた方が◎

コンビニやスーパーでは、すでにカットされた野菜が売られています。手軽に調理できるからつい選んでしまいがちですが、カット済み野菜にも注意が必要だといわれています。
野菜の鮮度を保つために、塩素系の殺菌剤や食品添加物が使用されている可能性が高いのです。さらにカットされた部分から「ビタミンC」「カリウム」など水に溶けやすい栄養素が流れてしまいます。忙しいときは便利なカット野菜ですが、美容のためにできるだけ自分でカットしたものを食べるようにしたいですね。

4: リラックス効果をもたらす緑茶

和食のおともに欠かせない「緑茶」には、抗ストレス作用のある成分が多く含まれています。緑茶のうまみ成分「テアニン」にリラックス効果があるのだとか。テアニンは緑茶の中でも少し高級な「玉露」「抹茶」に多く含まれています。玉露入り、抹茶入りのものを選べば簡単にテアニンが摂取できてストレス軽減に役立ちます。

5: お酢とフルーツで心身スッキリ!

「お酢」に含まれるクエン酸には、ブドウ糖を燃焼させて、疲労回復をうながす効果があるといわれています。心身ともに疲れがたまりにくい体をつくることができます。また胃腸の働きを活発にして腸内の善玉菌を増やす効果もあるので、厳秘解消や腸内環境を整える効果も。
貧血気味の方は鉄分豊富な「プルーン」、便秘気味の方はオリゴ糖たっぷりな「バナナ」と合わせてとるのがオススメですよ。

毎日の食事も、意識するだけでストレス解消に役立ちます。ストレス軽減にはビタミン類が効果的なのでビタミンCの他、ビタミンA、Eもオススメです。