23日、6月から12月にかけて、中国のお年寄り計5万人が韓国京畿道を観光で訪れる見通しだ。写真は中国のお年寄り。

写真拡大

2016年5月23日、環球網によると、今年6月から12月にかけて、中国のお年寄り計5万人が韓国京畿道を観光で訪れる見通しだ。

高齢者向けサービスを提供する中国・上海幸福9号養老投資集団はこの日、京畿道当局と会員旅行の受け入れに関する契約を締結。同集団の会員5万人が200〜400人ごとに分かれて韓国を4日間の日程で訪問する予定で、京畿道には2日間滞在する計画だ。京畿道は受け入れに向けて「キムチ作り体験」などさまざまな企画準備を進めており、旅行団の受け入れで韓国に490億ウォン(約45億円)の経済効果がもたらされると期待している。(翻訳・編集/野谷)