「悔いの残る結果」…野津田、決定機の場面は「決めないといけなかった」

写真拡大

 第44回トゥーロン国際大会のグループステージ第2節が23日に行われ、U−23日本代表はU−23ポルトガル代表と対戦し、0−1で敗れた。試合後、野津田岳人がインタビューに応えた。

 野津田は1点ビハインドで迎えた後半開始とともにピッチへ送り出された。「シュートを積極的に狙っていけっていう風に言われました」と交代時の指示を明かした。

 投入直後の42分に、ゴール前で絶好の得点機を迎えた野津田。ゴールを挙げられなかった当該シーンを振り返って、「あれは決めないといけなかったですし、本当に悔しい。チャンスがあった中で決めきれなかったので、悔いの残る結果となりました」と反省を口にした。

 大会で2試合を終え、連敗スタートとなった日本。ここまでわずか1得点の状況に、「決めるべきチャンスをしっかり決めないと、勝ちきれないっていう風に感じました。一歩のところというか、そういうちょっとの部分の差が(結果に)出てしまったんじゃないかなと思います」とコメントし、決定力不足が結果に直結していると分析した。

 グループステージはあと2試合を残している。野津田は、「とにかく勝利に向かって全力でプレーして、チームのためにしっかりとゴールを決められるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

 日本は25日にU−23ギニア代表と対戦する。