彼の言動が混乱しても焦らないで。星座別・ふらつく彼の気持ちをつなぎ止める方法

写真拡大

今週は男性の行動力をつかさどる火星が、太陽と厳しい角度でつながる星回り。西洋占星術研究家でアロマセラピストの登石麻恭子さんは、「こうした星の配置のときは、男性の言動に混乱が起こりやすくなります」と話す。

「現在、太陽は“フットワークが軽い”という意味を持つ双子座のエリアを運行中ですが、その太陽に逆行中(通常の公転方向とは反対方向に進んで見える現象)の火星があまりよくない角度でつながっています。天体が逆行している場合、ものごとの停滞や迷走を招きやすいため、男性のフットワークが悪い意味で軽くなって、ふらつきやすくなってしまいます」(同)

特に恋愛面において、彼の態度に一貫性がなくなる、本音とは違う行動をとる、彼自身が自分の本心がわからなくなる…といったことが起こるとか。放っておくと、そのまま彼の気持ちが別の女性に移ってしまう可能性もあるので、彼の気持ちを引き留める工夫が必要みたい。

ではどうすれば、ふらつきがちな彼の気持ちを引き留めることができるのか、彼の星座別にその方法を教えてもらおう。◆彼が火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)

太陽と火星が“直接的な実感”を意味する配置にある、火の星座。そんな火の星座の彼には、できるだけあなたの声を直接聴かせることを意識して。理想は、面と向かって話をすることだけれど、会えないときは電話でもOK。彼はあなたの声を聴くことで、「自分の居場所はここなんだ」と、気持ちが落ち着くはず。メールやSNSでのコミュニケーションだけだと、あなたから気持ちが離れる可能性が高いので注意して。

◆彼が土の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)

土の星座に対して、太陽と火星が“心理的な埋没感”を示す位置にあるため、土の星座の彼は「誰かが見ていてくれないと埋没しそうで不安」という心理になりやすい状態。その不安を埋めようと浮気心が芽生えやすいときなので、気持ちをつなぎ止めるためには「あなただけ」という“特別扱い”をしてあげて。彼にだけ差し入れをする、彼だけに秘密の話を打ち明ける…といった“特別扱い”によって、埋没しそうという彼の不安感が消え、あなたをかけがえのない存在だと感じるように。

◆彼が風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)

この時期、太陽と火星の配置が“まめなコミュニケーション”というメッセージをもたらしていることから、風の星座の彼には頻繁に連絡をとることが有効。SNSなどで、短いメッセージを何度も送るようにして。彼は、コミュニケーションの回数が多いほど、その相手に気持ちが引き寄せられていくはず。話題はワンパターンにならないように、バリエーション豊かにいろんなネタをどんどん出すと、さらにしっかり気持ちをつかめる。

◆彼が水の星座(蟹座、蠍座、魚座)

太陽と火星が“物理的な要素”を示す配置にある水の星座の彼は、軽いスキンシップをすることが気持ちのふらつきを抑える特効薬になりそう。コツは、相手が若干もの足りなく感じそうな程度の軽いタッチで、なるべく回数を多く触れること。すると、彼はあなたを異性として強く意識するようになり、よそ見をすることなく「あなたにもっと触ってほしい」と感じるようになる。ただし、ベタベタと触るのは逆効果なので気を付けて。

この時期に彼の態度がコロコロ変わるのは、星の配置上、仕方のないこと。それにいちいち腹を立てたりせず、根気よく彼の気持ちを引き留める策を講じることが、恋の勝者への近道に!

登石麻恭子
西洋占星術研究家、英国IFA認定アロマセラピスト、日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター。『魔女の手作り化粧品』(ワニブックス)、『魔女のアロマテラピー』(INFASパブリケーションズ)、『スピリチュアルアロマテラピー事典』(河出書房新社)などの著作がある。