23日、韓国メディアによると、4月に北朝鮮が中国で運営するレストラン「柳京」の従業員ら13人が集団脱北したことに続き、中国にある北朝鮮レストランの従業員が最近また脱出していたことが分かった。写真は中国の北朝鮮レストラン。

写真拡大

2016年5月23日、韓国・朝鮮日報によると、4月初めに北朝鮮が中国で運営するレストラン「柳京」の従業員ら13人が集団脱北したことに続き、中国にある北朝鮮レストランの従業員が最近また脱出していたことが分かった。

北朝鮮の事情に詳しい消息筋は23日、「中国・上海にある北朝鮮レストランに勤務していた女性従業員3人が最近脱出し、東南アジアの第3国で韓国行きを待っている」と明らかにした。これに関し、韓国の情報当局は「確認中」としている。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「北朝鮮がまた『韓国に誘拐された』と主張しそう」
「北朝鮮崩壊の始まりだ」

「韓国に到着する前に報じて大丈夫なの?北朝鮮が全力で脱北を防ごうとするのでは?無事に韓国に到着しますように」
「北朝鮮での生活はそんなに苦しいものなのか?かわいそう」

「朴大統領の対北朝鮮政策に拍手!」
「レストランの責任者が処刑されてしまうのでは?」

「歓迎する。地獄から自由の国へようこそ!」
「朝鮮半島が統一したら若者の就職先が増えるかな?」
「韓国社会は競争だらけで、生きるのがつらい。それでも北朝鮮よりはいい国だ」(翻訳・編集/堂本)