山本耕史

写真拡大

 俳優の山本耕史が5月19日、都内でコニャックブランド「ヘネシー X.O」のイベントに出席。妻で女優の堀北真希との“お酒”に関する話を展開した。

 山本は、奥様とよく飲むのか聞かれ「タイミングが合えば、家でも飲みますが、外でも普通に飲みに行きますよ」と明かすと、さらに「奥さんの前でも普通に酔いますね(笑)よく喋って、よく笑うそうです。逆に奥さんは、あまり酔わないですね。僕より強いんじゃないかな」と語り、夫婦仲の良さを感じさせた。

 また、おつまみについては「あまり塩分とらないように、野菜系、たまにお肉系など。以前は酔って色々食べ過ぎてしまうことがあったので、気をつけていますね」と話し、「ヘネシーならぬ、“ヘルシー”さを大事にしています(笑)」と締めた。

 アルコールは肝臓からブドウ糖が放出されるのを抑制することから、飲酒後には血糖値が低下して、お腹がすくようになる。そのために、飲酒後にラーメンや甘いものを食べてしまい、かえって血糖値が上昇することになる。飲酒と糖尿病の関係について調べた大規模コホート研究によると、男性は飲酒量が多くなるほど血糖値が上昇して糖尿病のリスクが固まることが確認されている。(出典:ダイエットラボ vol.150 - アルコールは“食べすぎて太る”原因に!? http://dietclub.jp/labo/021757150)。