太古の火星で「高さ120mの巨大津波」が発生か

写真拡大

34億年前の火星で、隕石の墜落が原因と見られる巨大津波が数百万年間隔で2回発生していたとする研究結果が発表された。津波によってしか形成され得ないと見られる地形を特定したという。

「太古の火星で「高さ120mの巨大津波」が発生か」の写真・リンク付きの記事はこちら

34億年前の火星で、一連の巨大津波が発生していたとする研究結果が発表された。

アリゾナ州トゥーソンにある惑星科学研究所(PSI)の研究チームは、これらの津波が土星の「海岸線」を「水没」させた可能性を指摘する研究論文を、『Nature Scientific Reports』(一次研究論文を扱う、オープンアクセスの電子ジャーナル)に発表した。

火星に海が存在したどうかについては、これまで議論が行われてきた。火星には、海の存在を示すと考えられる海岸線が見られない(部分的に浸食あるいは破壊されている)ためだ。しかし、津波が起きていたのであれば、こうした矛盾の説明になるだろう。

研究チームは、衛星マッピング技術を駆使して、津波によってしか形成され得ないと見られる地形を特定したという。

研究チームは、数百万年間隔で2回の巨大津波が発生したと考えている。そして、これら2回の津波の中心に、それぞれ直径約30キロの2個の隕石クレーターがあるという

研究チームによれば、「緩やかに傾斜する平原と、クレーターが形成されている高地の境界域に、何十〜百kmにわたって広がる、氷を豊富に含んだ巨礫、および引き波により生じた水路」を発見したという。

これらの現象は、気象条件が温暖・湿潤だったころの火星に、海が実際に存在していたことの証拠となりうるだろう(1回目の津波は高さ120mほどの巨大な波が、高さ10mほどの巨大な岩や土石を数十から数百km内陸に運んだと考えられている。2回目の津波は、それよりはるかに寒冷な時期に起きたもので、ほとんど氷の状態の津波が発生し、引き波が生じることなく巨大な氷の塊が形成されたという)。

Image_1-640x361

第1回目の津波による堆積物と見られる地形。IMAGE VIA ARS TECHNICA