2016年F1第5戦スペインGPで、F1の歴史に新たな1ページが刻まれました。

レッドブルのマックス・ フェルスタッペン選手が、F1史上最年少優勝記録を更新したのです! しかもレッドブル移籍後初優勝、フェルスタッペン選手自身もF1初優勝と、初めてづくしのグランプリとなりました。

もちろん、5月19日発売の「F1速報スペインGP号」はフェルスタッペン選手の話題でもちきりです(^^

1

【CATCH THE EYE】

パドックの裏話を楽しめる「TEAM UPDATE」。このページの片隅にある「CATCH THE EYE」では、グランプリ中の「ここだけの話」が記載されているので、見逃せません!

今回の「ここだけの話」は、グランプリウィーク中の木曜日に行われるFIA会見。フェルナンド・ アロンソ選手、ルイス・ ハミルトン選手、ダニール・ クビアト選手、マックス・フェルスタッペン選手、カルロス・ サインツJr選手、ケビン・ マグネッセン選手が出席しましたが、このキャスティングを決めたFIAのスポークスマンが悩んだのは席順だったそうです。

通常であれば、アロンソ選手やハミルトン選手が前列ですが、今回は異例中の異例。ドライバー交代で注目を集めた、レッドブルファミリー3人を前列に並べました。

会見後スポークスマンは、

「私の記憶のなかで、これほど多くのジャーナリストとカメラマンで会見場が埋め尽くされたことはない」

と鼻高々に語っていたそうですよ。

【FOCUS】

レースのハイライトを紹介するFOCUS。主役はもちろんフェルスタッペン選手です。

最後までテール・ トゥ・ ノーズの戦いをしながら、優勝争いをしたライコネン選手とフェルスタッペン選手。ライコネン選手からのプレッシャーを耐えたフェルスタッペン選手は、

「最後のストップを終えてピットアウトした後の数周はタイヤを保たせることにすごく集中していた。でも、最後の10周はまるで氷の上を走っているかのようだった。
それで猛攻にあったけど、しばらくしたらキミのペースが少し落ちたのが分かった。たぶん、僕を抜こうとしてタイヤが終わってしまったんだね。それからは、自分のタイヤに集中して、フィニッシュすることだけを考えていた。
勝つなんて予想もしていなかったから、トップでチェッカーフラッグを受けた瞬間は、信じられなかったよ」

と振り返っています。

【SCOOP  UP!!】

フェルスタッペン選手の優勝の立役者になった、メルセデスのドライバー達。スタート直後に2台が接触し、優勝候補だったふたりはリタイアとなってしまいました。一体何が起きてしまったのでしょうか?

まずはロズベルグ選手の意見から。

「ターン3を通過している時に、エンジンパワーが低下していることに気づいた。そして、ルイスが接近しているのが見えた。すぐにドアを閉めてインサイドに入った。彼のためのペースはないことを分からせるためだった。それでも向かってきたから驚いた。相手がすり抜けないように、ドアを閉じるのは、レーシングドライバーなら普通にすることだよ」

一方のハミルトン選手は、

「ターン3を通過していたら彼に追いついて、左側のスペースは右側より狭かったから、右に行ったんだ。そこにはスペースがあったし、レーシングドライバーとしては、17km/hも速かったら、そのスペースに向かうだろう。そして、あっちのホイールとこっちのウイングが並んで、衝突を避けてグラスにはみ出すしかなかった」

と違う視点の意見です。

意見の食い違いを認めたうえで、レーシングアクシデントと判断されましたが、今後ふたりの関係が悪くならないことを祈るばかりです…… 。

次戦は伝統のモナコGP。一体誰がモナコウィナーに輝くのでしょうか。楽しみですね!

(yuri)

【F1速報×F1女子〜スペインGP号〜】FIA会見の席順は異例中の異例だった!(http://clicccar.com/2016/05/23/373333/)