『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ポスター (C) 2016 Marvel.

写真拡大

日本では4月29日から公開中。全米では5月6日から公開され2016年オープニングNO.1ヒットとなった映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が全世界興収10億ドルを突破し、2016年の全世界NO.1ヒット作に躍り出ていることがわかった。

『シビル・ウォー』週末興収4.5億円の大ヒット!実写NO.1スタート

この大ヒットを支えているのが、女性を中心とした新規ファン層。これまでのアクション映画、ヒーロー映画では考えられない客層の広がりを見せている要因として、ドラマ性とユーモアが完璧に融合されたストーリー展開が多くの観客の共感を集めている点があげられる。

また、本作でアベンジャーズ映画初参戦となり、女性からの人気も高いスパイダーマンの活躍も女性層の支持を集める要因となっており、本作では鑑賞者の41%を女性が占めるなど、シリーズ史上最高の支持率を獲得している。

日本でもオープニングの3日間で興収7億4708万3100円、動員51万5131人を記録。公開3週目で早くも20億円を突破している。

【関連記事】
アイアンマンがキャプテン・アメリカにキッス!
『シビル・ウォー』USプレミアにスパイダーマンが初参戦!
アベンジャーズに仲間入り! あのアントマンの初登場シーンが解禁
[動画]スパイダーマン参戦!映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』予告編