【日本代表プレビュー】ケガ人が続出も…“チャレンジ”したいポルトガル戦《トゥーロン国際大会》

写真拡大

▽U-23日本代表は23日(月)、第44回トゥーロン国際大会のポルトガル代表戦に臨む。21日に行われた初戦のパラグアイ代表戦で敗れている日本にとっては、初勝利を目指したところだ。

◆新たなケガ人が…

▽パラグアイ戦では、再びケガの悲劇に見舞われた。先発出場したDF岩波拓也(ヴィッセル神戸)が着地の際に相手選手と交錯し、ヒザを負傷。ケガの具合については明らかにされていないが、救急車で病院へと搬送された。

▽さらに、試合終盤にはDF亀川諒史(アビスパ福岡)も負傷。ケガ人が相次ぐ中で、最終ラインにさらに2名の負傷者が出てしまい、大会出場メンバーが奇しくもリオ五輪本大会と同じ18名となった。

▽選手のバランスの問題は出てきてしまうが、本大会中もケガ人や出場停止は有り得ること。岩波、亀川の欠場は痛手だが、まずは前向きに捉えてもらいたい。

◆五輪代表ではないポルトガル

▽リオ五輪にも出場するポルトガルだが、今大会に臨むのはU-23代表ではなく、U-20代表だ。しかし、ポルトガルの名門クラブのBチームでプレーする選手が多く、中にはトップチームでポジションを得ている選手も居る。

▽ここまで2試合を終えているポルトガルは、U-21イングランド代表に1-0で敗れるも、21日にはU-23ギニア代表との試合で2-0と勝利を収め、今大会初勝利を記録した。ショートカウンター、サイドアタックに秀でるポルトガルにどこまで対応できるのか。日本の守りに注目だ。

◆気になる布陣は…

▽まずは、負傷により起用できないDF岩波、DF亀川の代役が必要となる。招集メンバーの都合上、CBはDF植田と、パラグアイ戦でも岩波に代わって出場したDF三浦弦太(清水エスパルス)となるだろう。また、亀川が左サイドバックを務めていたが、こちらはパラグアイ戦に後半から出場したDF三丸拡(サガン鳥栖)がそのまま入り、右サイドバックにはDFファン・ウェルメスケルケン際(ドルトレヒト)が入ることになる。

▽また、GKはパラグアイ戦で出場機会がなかったGK中村航輔(柏レイソル)が起用されるはずだ。その他、21日合流したMF南野拓実(ザルツブルク)や、出場機会がなかったMF大島僚太(川崎フロンターレ)、MF井手口陽介(ガンバ大阪)、FW鎌田大地(サガン鳥栖)、途中出場で好パフォーマンスを見せたFWオナイウ阿道(ジェフユナイテッド千葉)の起用が考えられるだろう。

◆恐れることなく“チャレンジ”を

▽パラグアイ戦は、パスミスが失点に繋がったり、不用意なファウルで与えたFKから得点されるなど、ミスが散見された。しかし、ミスを恐れて消極的なプレーに終始することは、今大会では求められていない。

▽パラグアイ戦では、攻撃面でも形を作ることはできていたが、ネットを揺らすことがなかなかできなかった。決定力不足という言葉で片付けてしまえばそれまでだが、ゴールまでのプロセス、崩し方などを見つめ直す必要があるだろう。短時間での連戦が続く点も、リオ五輪と似ている環境だ。まずは、パラグアイ戦の反省を活かし、ポルトガル相手に勝利を目指してもらいたい。ポルトガル戦は23日の24時15分にキックオフを迎える。