大型連休を取った人が多かったと言われるGWはとっくに終わってしまいましたが、日本は気持ちいい初夏の陽気に包まれています。梅雨入りこそ控えてはいますが、まだまだロングドライブには最高の季節でしょう。

1

ロングドライブを安全に楽しく過ごすために欠かせないのがクルマの運動性能。車種によって性能の幅こそありますが、少なくとも「走る、曲がる、止まる」の基本要素は高いレベルに保っておきたい。さらに積極的にロングドライブへ行きたくなるクルマって、長距離でも乗員全員が疲れにくかったり、家計を直撃しない燃費の良さだったり…。

そんな欲求を叶えてくれる、その一助となるのがタイヤです。一助どころかタイヤでガラリと乗り味が変化してしまうクルマも少なくありません。ここに挙げた要素すべてをバランス良く高めてくれる銘柄を選べば、もっと遠出をしたくなるかも!?

例えばグッドイヤーのEAGLE LS EXE(イーグルLSエグゼ)なんて格好の銘柄です。EAGLEブランドだからといって、バリバリのスポーツ路線ではありません。むしろ訴えかけてくるのは「ツーリングエコタイヤ」という言葉。低燃費タイヤのラベリング制度に対応したグレードは、全てのサイズで転がり抵抗性能「A」を獲得。立派にエコタイヤと呼べますが、それだけには止まりません。むしろドッシリとした安定感の高さを持ち、ステアリングを切れば適度にスポーティと感じさせる操舵応答性を発揮します。エコタイヤとはいえ、さすがEAGLEを名乗るだけのことはありますね。またパターンノイズが巧みに抑えられていて静粛性も高く、どこまでも疲れ知らずに走っていけそうです。

こうした全方位的性能がEAGLE LS EXEの魅力。でも、もうひとつ付け加えるのなら、それを幅広い層へと展開しようという取り組みです。下は14インチから上は20インチまで、全部で67サイズという一大ラインアップ。アッパー〜ミドルサルーンやツーリングワゴンはもちろん、コンパクトカーにだってオススメ。輸入車への適合性も高く、サイズによってはアフターホイールへと交換したようなドレスアップ系にまで対応します。ドレスアップといえば、左右非対称トレッドパターンはウェット性能や快適性、ロングライフに貢献するそうですが、なにより見た目がスポーツタイヤっぽくてカッコいい。と、足もとのオシャレに満足しつつ、持ち前のウェット性能を駆使すれば、梅雨時の雨ドライブなんていうのも逆に楽しい思い出になりそうです。

(中三川 大地)

【関連リンク】

日本グッドイヤー株式会社
http://www.goodyear.co.jp/index.php

EAGLE LS EXE 製品ページ
http://www.goodyear.co.jp/products/tires/lsexe/lsexe.html

ドライブにぴったりのツーリングエコタイヤ「グッドイヤーEAGLE LS EXE」(http://clicccar.com/2016/05/23/373644/)