写真提供:マイナビニュース

キッセイコムテックは23日、同社の営業担当者向けiPad見積システム「RAXIS」において、葬祭業を対象としたクラウド版「RAXIS for 葬儀」を発売した。

キッセイコムテックは、iPadを使った営業活動を支えるシステム"RAXIS"を展開している。RAXISは、商品画像から見積作成までの一連のながれをスムーズにiPadを使って行えるシステムで、
1.いつでもどこでも見積作成・印刷
2.商品の良さを美しい商品画像や動画で伝えられる
3.業務に合わせた見積フォームの登録、他システムの連携

という3つの特長があり、モビリティに優れたiPadを優れた営業ツールへと進化させ、見積・受注業務のシステム効率化も実現する。葬祭業を対象とした「RAXIS for 葬儀」は、クラウドサービスとして提供され、画像や動画を交えて、葬儀プランを確実にわかりやすく伝えられる。モバイルプリンタ(AirPrint対応)に対応し見積書の印刷が可能になるほか、オプション機能で日本語手書き入力に対応する。なお、接続iPad台数5台のスタンダートプランが月額24,800円、台数20台のエンタープライズプランが月額98,000円。その他初期導入費用が必要になる。

(長岡弥太郎)