「リ・ボーン」の掛け声とともに会場は水浸しに/画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

写真拡大

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)に5月20日、RE-BORN(リ・ボーン)大使 松岡修造さんが来場した。

【写真を見る】ウォーター・シューターで松岡さんに水を浴びせる親子ゲスト

リ・ボーン・ストリートから水の壁を突き抜け、特設ステージに松岡さんが登場すると、会場では大きな歓声が上がり、それをきっかけに様々な"やり過ぎ"演出がスタート!リ・ボーン・ストリートからは大量の水が降り注がれ、さらに招待された約500名の親子ゲストが、ウォーター・シューター(水鉄砲)で松岡さんに一斉射撃を浴びせる。松岡さんも負けずとバズーカ砲型のウォーター・シューターで対抗し、様々な"やり過ぎ"演出の数々で会場はびしょ濡れに。

さらに松岡さんと一緒にゲスト家族がリ・ボーンにチャレンジする。最近家族みんなで楽しんだことがないという4人家族が選ばれ、大量の水を親子ゲストたちから浴びせられ、会場は大いに盛り上がった。ウォーター・シューターを手放さず水をかけ続ける子どもたちに松岡さんが、「君たちはリ・ボーンしすぎだ!」と、思わずヒートアップする場面も。

松岡さんは、この夏こそ日本に笑顔と元気が必要であることを伝え、最後は全員で、音楽に合わせながら水の掛け合いを再開。「リ・ボーン」の掛け声とともにウォータキャノンからも大量の水が空へ降り注がれ、さらに紙ふぶきも舞ってイベントは終了した。

開業15周年を迎えた同パークは、様々な“やり過ぎ”エンターテイメントを予定している。今回、既に発表済みの7月1日(金)スタートの「週刊少年ジャンプ」(集英社)とタッグを組んだ「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」の他、昨年人気のあった妖怪ウォッチの新アトラクション情報も一挙に発表された。「ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D」は、パーク完全オリジナルのフルCGアニメーションとして初登場!悟空VS.フリーザの迫力満点なバトルが体感できる。さらにジャンプ人気作品を中心とした展示イベント「ユニバーサル・ジャンプ・エキシビジョン」も同時開催。「ハイキュー!」や「僕のヒーローアカデミア」などジャンプの世界に大興奮すること間違いなしだ。

また昨年夏に登場して以来、爆発的人気を集めた「妖怪ウォッチ」が、パークを丸ごと使って妖怪ウォッチの世界を満喫できる「ユニバーサル・妖怪ウォッチ・フェスティバル」へとスケールアップ!妖怪に出会える「妖怪ウォッチ・ザ・リアル 3」、妖怪と一緒に踊れる「ようかい体操・ザ・リアル」の2大アトラクションに加え、さらに妖怪たちがコックになって営む「妖怪スタジオ・スターズ・レストラン」や、パーク内で妖怪さがしをする「妖怪ウォッチ・ザ・ラリー 3」など、この夏はパークのあちこちで妖怪たちと新たな体験を楽しめる。

この夏はユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、子どもから大人まで“やり過ぎ”エンターテイメントで楽しもう!【取材・文=関西ウォーカー】