22日、韓国メディアによると、金己男労働党副委員長名義の談話など、北朝鮮が相次いで対話攻勢をかけていることに対し、韓国政府は「非核化の意志を行動で見せよ」との立場を示した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年5月22日、韓国・ニューシスによると、金己男(キム・ギナム)労働党中央委員会副委員長名義の談話など、北朝鮮が相次いで対話攻勢をかけていることに対し、韓国政府は「非核化の意志を行動で示さなければならない」との立場を示した。

韓国政府当局者は22日、「北朝鮮は金党副委員長名義の談話を発表し、誠意のない対話主張を繰り返している」と批判した。また、「北朝鮮は朝鮮半島の軍事的緊張が高まっている責任を韓国に押し付けているが、韓国国民や国際社会は、北朝鮮の核開発が民族の生存と朝鮮半島の平和に大きな脅威をもたらしていることをよく分かっている」と指摘。その上で、「本当に朝鮮半島の平和と南北関係の改善を望むなら、非核化の意志を行動で示さなければならない」と強調した。

金党副委員長は21日、談話を発表し、「本当に南北関係を改善する意志があるなら、韓国は政治・軍事的挑発や戦争演習などで北朝鮮を刺激するのをやめ、真摯な態度で対話と交渉の場をつくるべき」などと主張した。この他にも北朝鮮は、金正恩(キム・ジョンウン)党委員長が今月上旬の党大会で、南北の軍事会談開催の必要性を訴えて以降、国防委員会の公開書簡や人民武力部の通知文を通して、対話や交渉を要求し続けている。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「現政府の決心と対北朝鮮政策は、今までのどの政権よりも信頼できる」
「対話に応じてはいけない。北朝鮮が自ら倒れるまで、もっと苦しめるべき」

「スイスやロシアにも背を向けられたから焦っているのだろう」
「韓国も金に余裕があるわけではない。『無関心』も教育だ。このまま貫き通せ」

「北朝鮮との対話や交渉は無意味」
「北朝鮮はミサイルを開発する金が欲しいだけ」

「対話自体は問題ないのでは?初めから話も聞かないなんて、外交能力に問題がある」
「どんなに弱い者でも、窮地に追い込まれればかみつく…」
「会って話をして、誤解があれば解決するべき。私たちは同じ民族なのだから。朴大統領と金正恩の首脳会談が見たい」(翻訳・編集/堂本)