写真提供:マイナビニュース

写真拡大

カスペルスキーは5月23日、法人向け統合セキュリティ管理ツール「Kaspersky Security Center 10」の機能拡張版となるService Pack 2(以下SP2)を同日より提供開始すると発表した。

Kaspersky Security Centerは、PC、サーバ、モバイルや仮想化環境などのマルチプラットフォームに対応した統合セキュリティ管理ツール。

SP2では、Kaspersky Security Centerが管理対象コンピューターから取得したセキュリティイベントログをSplunkへエクスポートすることで、Kaspersky Security Centerが収集した情報も含めてSplunkにおいて分析やアラートが可能になったほか、アプリケーションのアップグレード時に、旧バージョンのアプリケーションを強制的に削除することが可能となった。また、セキュリティ設定時のステップ数を削減した。