夢の舞台への切符を手にした池田勇太(撮影:ALBA)

写真拡大

 第116回「全米オープン」の最終予選が兵庫県にある東広野ゴルフ倶楽部で行われ、池田勇太、谷口徹、谷原秀人、宮里優作の4人がアメリカ行きの切符を手にした。
【関連写真】契約フリーの池田勇太の今年のセッティング!
 トップ通過は池田。最初の18ホールで7アンダーと貯金を作ると、残りの18ホールでもスコアを3つ伸ばしトータル10アンダー。2位の谷口に3打差をつけて最上位で通過した。
 2位にはトータル7アンダーの谷口、3位タイにトータル6アンダーの谷原、宮里が入っている。
 なお、本戦は6月16日(木)からペンシルベニア州にあるオークモントCCで開催される。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
男子ツアー“本格”開幕特集!トッププロたちの新たな武器は?
内藤雄士も体験 オークリーの「ローリング・オー・ラボ」ってなんだ!?