美容師直伝の「絶対に失敗しない時短ヘアセット術」3つ

写真拡大

朝は、とにかく時間が足りない……。女性は、洋服選びにメイクにヘアセットに、毎朝大忙しですよね。なのに、いつもより遅く起きてしまったら、もう大変!

「メイクとヘアセットどちらかしかする時間がない!」という場合、とりあえずメイクだけを選んだら、メイクで顔はバッチリだけど頭はボサボサ、というアンバランスな仕上がり。これでは、周囲からは寝坊したことがバレバレです。

そこで今回は、元美容師の経験がある筆者が、時間がない朝の上手なヘアセット術をご紹介します。これさえ読めば、もう時間がない朝でも大丈夫です!

 

■1:前夜からの4つの準備

朝起きて鏡を見た時に、寝癖で頭が爆発……。この状態からのヘアセットには時間がかかってしまいます。そこで、寝癖がつかないようにする為に前日の夜にしたいヘアケアをご紹介します。

(1)髪の毛をしっかり乾かしてから寝る

お風呂上りに髪の毛をしっかり乾かして眠らないことが、寝癖ができる一番の原因となります。

ありがちなのが、髪を乾かした“つもり”。ドライヤーで乾かした“つもり”が、実はまだ半乾きの状態という人が多いのです。髪の毛をしっかり乾かしてから眠るようにしましょう。

また、髪の毛が濡れているとキューティクルが開いた状態になり、その状態で寝てしまうと、枕との摩擦で髪が傷つきます。髪をしっかり乾かしてから眠ることは、髪の毛にとても良いことなのです。

(2)ヘアケア剤をつけて寝る

髪をしっかり乾かしたら髪の毛に潤いを与えましょう。寝る前につける“洗い流さないタイプのトリートメント”も市販でよく販売されていますが、「ヘアケア剤が枕や顔につくのが嫌だな……」という方には、全身に使えるタイプのオイルや馬油がオススメです。

ただし、オイル系のものを髪につけて眠る時にはつけ過ぎないように気をつけてください。翌朝髪が、ベタベタになってしまいます。オイル、クリームをつける場合は、髪の毛の量にもよりますが、少量を毛先からつけて手に余った分を上の部分につけるようにするのが、オススメです。

(3)髪の毛をブラッシングしてから寝る

髪を乾かして、オイルやクリームで髪に潤いを与えたら、ブラッシングをします。寝る前に時間がある場合、軽くブローしてから寝ると翌朝より髪がまとまりますが、そこまでしなくても大丈夫です。

ブラッシングするだけでも、髪の毛の絡みを防ぐことができます。そして寝る前のブラッシングは、髪の毛だけでなく頭皮にも良い効果があります。頭皮をやさしくブラッシングすることで、マッサージ効果があり血流が良くなり育毛にも繋がります。

(4)ロングヘアの人は髪をまとめてから寝る

ロングヘアの人は、寝ている間に髪の毛があっちこっちにいってしまわないように、髪を軽くまとめて寝ることをオススメします。ただし髪の毛をきつく結ばないように気をつけて下さい。髪の毛を結んだ跡が残らないように、解けない程度にゆるく結ぶことがポイントです。

 

■2:簡単なヘアセット

前日の夜に疲れていて髪も乾かさずに寝てしまい、朝起きたら寝癖もできているし、時間もない。そんな時は、まとめ髪にしましょう。

(1)前髪のセット

まとめ髪にする場合に前髪がある人は、まず起きたらすぐに帽子やヘアバンドで前髪を抑えましょう。癖毛などでそれだけでは、髪がまとまらない場合はコテやヘアアイロンを前髪だけに使うようにしましょう。

それでもやっぱりまとまらない! という時には、前髪をピンで留めたり編み込みをしたりして、まとめ髪に馴染ませるのがオススメです。

(2)無造作風のまとめ髪

時間がない朝でも無造作風のヘアアレンジだったら、多少失敗をしても目立たないのでオススメです。髪が短めの方は、一つに結んでトップの部分を適当に掴んで軽く引っ張れば無造作一つ結わきの出来上がり、ロングヘアの方は、ゆる三つ編みがオススメです。

あくまでポイントは、無造作風のゆるヘアアレンジです。

 

■3:ヘアアクセサリーを上手く活用する

無造作風のヘアアレンジでも、ヘアアクセサリーを取り入れればちゃんと締まります。上品なリボンがついたヘアアクセサリーは、どんなシーンでも合わせやすいのでオススメです。

ロングヘアの方は、バナナクリップやバレッタで髪の毛をまとめるだけでもいいですし、髪が短めの人は、無造作一つ結わきをお洒落なヘアゴムで留めたり、結びめの上あたりを小さいバレッタで留めても可愛いです。細身のカチューシャを使って、ヘアアレンジするのもワンランク上のお洒落ですね。

 

いかがでしたでしょうか? 髪型がきまっていないと、その日1日が憂鬱な気分になってしまいますよね。どんなに忙しくて寝坊した朝でも、髪型はしっかり決めたいところ。お伝えした3つのポイントを試して、ぜひ気持ちのいい毎日が過ごせるようにしてください。

ちなみに筆者は、子どもを産んでから自分に使う時間がどうしても限られてしまうので、セミロングヘアにパーマをかけています。パーマがかかっていると、まとめ髪をする時にとっても簡単にそれなりになるのでオススメです。

(ライター やまさきけいこ)

 

【関連記事】

※ 入浴中からアレ塗って!時短ヘアケアのテクニック3つ

※なぜテレビよりもラジオ?「忙しい朝」を少し余裕に過ごすコツ4つ

※最短20分?夫のイライラ原因「朝の妻のアノ行動」への本音

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 「毛穴の黒ずみ」が消える!? 杉本彩もドはまりの●●がすごいクレンジング

※ いつものケアじゃダメ!美容家直伝の「ワキの黒ずみケア」の秘訣

※ ウソみたいにドッサリ!93%が実感の自然に出ると話題の青りんごジュースとは

 

【姉妹サイト】

※ 便秘も美肌も!「キウイフルーツ」の美と健康への驚くべき効果3つ

※ 「もう女として見れない」は何位?出産に立ち会った夫の本音1位は

 

【画像】

※ Tyler Olson / Shutterstock