日本人のきれい好きは有名だが、日本人のごみの分別の細かさを知ると、中国との大きな差を感じるという。中国投資諮詢網はこのほど、日本人のごみ分別は「強迫性障害」的であると主張したうえで、日本のごみ分別は中国人にとって驚きの水準であると伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本人のきれい好きは有名だが、日本人のごみの分別の細かさを知ると、中国との大きな差を感じるという。中国投資諮詢網はこのほど、日本人のごみ分別は「強迫性障害」的であると主張したうえで、日本のごみ分別は中国人にとって驚きの水準であると伝えている。

 日本人の衛生観念の高さは、中国人からすると極端にさえ感じるようだ。使用済み牛乳パックは、洗って開いて乾かして折りたたんでから捨てること、ペットボトルは本体・フタ・ラベルの3つに分別することなど、あまりの細かさに、「日本人は強迫性障害」だと冗談交じりに驚きを示している。

 それもそのはずで、中国ではごみ捨ては、すべてをひとまとめにして好きな時に近くのごみ捨て場に捨てるだけで良いのだ。日本のように指定の袋はもちろんなく、ごみ箱は不燃物・可燃物と一応別れてはいるものの、分別する人はほとんどおらず、分別して捨てても一緒に収集されてしまうので意味がない。このようにごみ捨てについては日中間の違いはあまりに大きいため、記事は、「エコのために努力を惜しまない」日本人を褒めつつも、ごみの分別は「外国人留学生にとっては日本で最初の難関」になると紹介した。

 記事は中国人の読者に、日本の「ごみ捨てを甘く見てはいけない」と警告。分別するだけでも頭が痛いのに、捨てる時間も場所も決められているからだ。もし間違えれば「巨額の罰金」がある場合や、地域住民から「ごみの分類をしない」人という烙印を押される場合があり、とても不名誉なことになる、と日本における適切なごみ分別の重要性を力説した。

 最後に記事は、日本のある自治体のごみ分別の例を紹介し、もし世界で一番きれい好きな国民が日本人でなかったとしても、日本人を押しのけて1位を名乗る勇気のある国民は存在しないのではないか、と世界でも飛びぬけた日本人の衛生観念の高さを強調した。とはいえ、日本も最初から清潔な国として知られていたわけではない。不断の努力と習慣づけがあれば、どの国もいつかはきれいな国になることができるはずだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)